タグ別アーカイブ: Ubuntu

Ubuntuでの色反転

 

最近のパソコンモニタの傾向なのか、うちにあるモニターも画面輝度を最小にしても、部屋を薄暗くしていると眩しく感じてしまう。その眩しさ回避策として、WindowsやMacなんかだと簡単に色反転ができるんだけど、Ubuntuにはなぜか設定項目が見当たらない。

んで、ぐぐってみたところ、Yahoo! 知恵袋的なサイトにやり方が書かれていた。
Linuxで全画面色反転表示をしたい

このような感じになればいいのでしょうか?
https://www.youtube.com/watch?v=PwA0Kqvtw7w

Compizというウィンドウマネージャーを導入すれば、Windowsの「色反転を有効にする」と同じような効果が得られるプラグインを利用できます。

・compizconfig 設定マネージャー
・Synaptic パッケージマネージャー
・compiz-plugins-extra
上記の3つをインストールして設定してみましょう。
http://do-you-linux.com/blog/2013/11/21/introduction-of-compizfusion/
http://linux10.blog.fc2.com/blog-entry-16.html
http://blog.livedoor.jp/is06_phi/archives/5561443.html

設定マネージャーのアクセシビリティの欄に「Negative」というプラグインが出ていると思います。
それを有効にすれば上記の動画みたいな効果が得られるでしょう。

上記の通りにやってみたところ、僕の環境だと、ウィンドウ内の色反転は出たのだけど、画面全体の色飯店がうまくできなかった(「<Super>m」をほかのキーに変えてもうまくできない)。

ubuntu_negative_01 ubuntu_negative_02

UbuntuでV2CのようなJavaアプリでグローバルメニューバーを表示

Ubuntuで、V2CのようなJava Swingアプリケーションを使っていると、メニューバーがWindowsのように通常はウィンドウ内に表示されてしまう。これを、ほかのアプリと同じようにグローバルメニューバーのところに表示できないか探してみたら、あっさりと見つかったので、メモ。

Get Unity Global Menu / HUD Support For Java Swing Applications With JAyatana ~ Web Upd8: Ubuntu / Linux blog

詳しい内容は、上のページを参照されたし。

端末を開いて、

sudo add-apt-repository ppa:danjaredg/jayatana
sudo apt-get update
sudo apt-get install jayatana

を打ち込み、ログアウト・ログインするか、再起動でおしまい。

V2C スクリーンショット画像のように、V2Cのメニューバーの表示位置が変わる。Android Studioなんかも変わる。

アンインストールは

sudo apt-get –purge remove jayatana libjayatana libjayatanaag libjayatana-java libjayatanaag-java

以上。

 

 

追記:
端末でJavaを実行すると、

Picked up JAVA_TOOL_OPTIONS: -javaagent:/usr/share/java/jayatanaag.jar

という表示が出てしまうみたい。
気になるなら、アンインストールするしかないっぽい。

 

Ubuntuをアップグレードしたら無線LAN親機が見つからなくなり、接続できなくなった

Ubuntu 13.10のリリースから一月半がたったので、そろそろアップデートしてもいい時期なんじゃないかと思い、eMachinesのeME732Z-A12Bに入れてあるUbuntuをアップグレードすることにした。……んだけど、アップグレードしたらそれまで使えていたWi-Fiが使えなくなってしまった。具体的には、親機が見つからないので接続できない、という状況だった。

まずはじめに、ノートパソコンに内蔵されている無線LANに問題があるのかどうかを調べるためにWindowsを起動してみたが、何の問題なくWi-Fi接続することができた。どうやら問題はUbuntuにある様子。

それからネットワークマネージャの設定を変更したりなんなりして、いろいろ試しては見たものの、いっこうに治る気配がなかった。

wlan_02

もう完全にお手上げ状態になってしまったので、苦し紛れにAndroidのアプリ「Wifi Analyzer」をぼーっと眺めていたところ、どうも「ほかの家の電波は拾えているっぽい」ということに気がついた。

であれば、見直すべきは親機の設定だろうと、NTTからレンタルしているひかり電話ルータPRS-300NEの設定画面をブラウザから開いて、無線LANの設定を確認し・変更してみた。そして、親機行方不明の原因をついに発見!(うちでは、ひかり電話ルータにレンタルしている「SC-40NE」を差し込んで無線LANを使用している)

原因は、ずばり「使用チャンネル」にあったみたい。

wlan_01

 

無線LANの使用チャンネル設定をそれまでは自動設定にしていた。Wifi Analyzerのキャプチャを見てもわかるように、自動で設定されていたチャネルは13。これを手動でほかのチャネルに切り替えることで、無事、問題は解決したのだった。

いろいろなチャンルに切り替えてテストしてみたところ、うちのノートPCに入れているUbuntuで認識できないのは13だけ13と12のようだったので、ほかのうちの電波となるべく干渉しにくそうなきがするチャネル10に変更することにした。

それから、Ubuntuからの無線LAN接続は、今のところ問題はない。一安心!