タグ別アーカイブ: Nexus 7

タブレットのChromeでスマホページを表示させる「Chrome User Agent Switter」

 

chromeua最近は、Webサイトの閲覧をパソコンではなく、スマートフォンやを使用しているという人が多数いると思う。僕は未だに初代のNexus 7を使用しているのだけど、一つ不満に思うのは、標準ブラウザであるChromeで、スマホ用サイトの表示を選べないことだ。

Chromeには「PCサイトを見る」という設定項目があるので、スマホ用ページが表示されている時には、手動でPC用のページを表示させることができるが、その逆はできない。スマートフォンを使用しているのならスマホ用ページに手動で切り替える必要はないのだが、タブレットだと、特にNexus 7のように半端な大きさのタブレットだと必要に感じることがある。PCサイトは広告を大量に表示するために、ページが重くなっているサイトが多いので、タブレットでもモバイルサイトでブラウジングしたいのだ。

User Agentを偽装することができるブラウザを使えば問題は解決するのだが、それでも僕はChromeが使いたい。ChromeでUAを偽装できるようにXposedモジュールのApp Settingsを使ったりしていたのだが、このあいだ、Play ストアで「Chrome UA」と検索してみたら、それれらしきアプリがヒットしたので使ってみた。

そのアプリは「Chrome User Agent Switcher」。Root権限が必要。

chrome_ua_01

アプリを起動すると、使い方が英語で表示されるけど、読まなくてもわかると思う。chrome_ua_02

偽装するUAを選択して、右上にある「>」を押せばおしまい。
chrome_ua_03ご覧のとおり、Amazonを開いてみると、ちゃんとモバイルサイトが表示された。

App Settingsと違って、Chrome自体のインターフェースはタブレットのままので、使い勝手は変わらない。PCページを表示したければ、右上の設定ボタンから「PCページを見る」をタップすればOK。

こんな簡単にできることを、なぜ今まで気が付かなかったのか…… アプリ製作者様に感謝。

 


 

追記:上のアプリがストアから消えてたんで、今はこっちのアプリを使ってる。

The app was not found in the store. 🙁

アプリを開いて、iPhoneを選択すればOK。

Nexus 7でスマホ用サイトを表示する

少し前まで「スマートフォンやタブレットの処理速度はこれ以上早くなる必要はない」なんて思ってたこともあったんだけど、時が経つにつれ、アプリはだんだんと重くなっていくし、WebサイトはJavascriptばっかりで表示に時間がかかるようになった。

Javascriptをオフにすると表示に不都合が出るサイトが結構あるんで、Webサイトの表示を軽くすることができなかったが、スマホ用のサイトを表示すれば、PCサイトよりもシンプルで軽い作りになっていることに気がついた。僕が常用しているNexus 7の位置づけはタブレットなので、スマホ用サイトをデフォルトで表示するのにはちょっとした工夫がいる。

使うのはXposedモジュールのApp Settings。以下はChromeの場合。要root。

chrome_sp_03

上の画像のように『画面サイズ(dp)』のところを、『デフォルト』から『480×854』に変更して保存するだけ。

chrome_sp_02

そうすると、上の日経電子版では通常、タブレット用のページが表示されるところが、下のように、スマートフォン用のページがデフォルトで表示されるようになる。
chrome_sp_01

Webサイトの判定基準によってはうまくスマホ用ページが表示されないところもあるが、大体のサイトではうまく機能した。

メリットは、先に書いたとおり、ページの表示速度が早くなることだけど、デメリットとしては、Chromeのレイアウトがスマホ用になるので、新規タブを開いたりタブを閉じたりする動作が不便になるということ。

どうしても不便だという時には、Apps Settingsの設定を元に戻すか、XposedモジュールのChromePieを利用するかをすればいいと思う。

ネオジム磁石とNexus 7

 

沖縄県で最強クラスの台風8合が上陸していて大変な状況だというのに、ここ埼玉では久しぶりに30度をこす天気に恵まれちゃって、ほんと暑すぎてしょうがない。

スマートフォンやタブレット端末なんかの電子機器は暑さに弱いので、今日のような気温の日にはなるべくカバーやケースを外して使用するのが好ましい……んだけど、ものによっては、ケース(カバー)の蓋を閉じると画面が消え、開くと画面が点灯するという便利機能が使えなくなってしまう。Nexus 7もその一つで、そのマグネットスリープ機能が使えないとちょっとしたストレスを感じちゃう。

それなんで僕は、ちょっとした工夫でそれを乗り切っているんだけど、その方法が「スタイラス(タッチペン)の橋にネオジム磁石をくっつける」というもの。


僕の持ってる100円のスタイラスは、クリップ部分(胸ポケットの縁なんかを挟めるところ)に磁石がくっつくので、そこに同じく100円で手に入るネオジム磁石をくっつけることで、タブレットのマグネットスリープ機能を使えるようにしている。

Nexus 7 (2012)

上の画像の赤い丸で囲ってあるところにその磁石を近づけて離すと、Nexus 7の画面ま点灯する……ただそれだけ。

スリープするときは、Xposed モジュール のDouble Tap ToSleep というアプリを使い、ステータスバーをダブルタップすることでスリープさせている。

大して便利なやり方じゃないけど、僕のように電源ボタンを押すのが嫌だって人には向いてるやり方かもしれない。

 

日経電子版のタブレットページが7インチだと見づらい

僕は、毎日のように「何かおもしろい話はないかな?」と、いろんなニュースサイトやブログなんかを徘徊しているんだけど、その中でよくお世話になっているのが、日本経済新聞のウェブサイト「日経電子版」。

随分前からこのサイトはモバイル版のページも用意していて、スマートフォンやタブレット端末で閲覧すると、それぞれに最適化されたページへ飛ばされる……んだけど、Nexus 7でタブレット用のページをChromeで見ると、文字が小さくて読みづらいのなんの! それもこれも、数ヶ月前にChrome for Androidのアプリがアップデートされて仕様が変更されたことが原因みたい。

以前は、読みたい記事のたたりをダブルタップすると、画面サイズにフィットする感じでズームされていたんだけど、それが今ではちょこっとだけしか大きくならない。

nikkei_tb_002

仕方がないので、PC用のページを見てみようと思っても、何故かページが真っ白な表示になってしまう。JavaScriptをオフにすればうまく表示されるんだけど、そんなことをしたら他のサイトで不都合がでてきてしまうので、できるならJavaScriptはオンにしておきたい。

そこで、何か良い方法はないものかと、Chromeの設定を見直してみたら……あった!

設定画面のユーザー補助から「テキストの拡大/縮小」のスライダーを右に動かしてパーセントの値を大きくすれば解決する。

nikkei_tb_003

120%にすると、ダブルタップズームで此処まで大きく表示される。(下の画像)

nikkei_tb_004テキストサイズを余り大きくしすぎると、他のサイトで文字が馬鹿みたいに大きく表示されちゃって読みづらくなっちゃうので、自分の好みに合わせて適宜、調整してもらいたい。僕の場合は115%が丁度良かった。

 

Nexus 7 (2012) のドッキングステーションを自作したお話

Nexus 7を購入してから1年が経過した。

製品それ自体への大きな不満はなく、むしろGoogleが提供する最新のAndroid OSを利用できることもあって、とても満足しているくらい。

それでもやっぱり、タブレットを使い続けているとどこかしらのパーツがへたってくるもので、僕の場合はタブレット下部にあるmicoro USBの差し込み口が少々だめになってきている。(だめになった理由は、充電しながら使っているときにタブレットを転落させてしまったことがきっかけなんだけど……)

USB差し込み口がだめになると、たまに充電がうまくできないことが起こるので、「ASUSが作ってるNexus 7専用のドッキングステーションを買っちゃおうかなー」と思ってAmazonを見たところ、なんと製造終了になっているではないか! このブログを書いている今は、出品者から8,000円で購入できるらしい。

そんな高い金額を支払うなんて無理でしょ! ってことで、Nexus 7のドッキングステーションを自作することにした……んだけど、結局は全部父が作ってしまった。その写真が下。

Nexus 7 自作ドッキングステーション 01

 

僕がやったことといえば、USBケーブルをぶった切ってプラスとマイナスの配線がどれなのかを確認。そして、Nexus 7の本体側面の端子のどれとどれをつなげればいいのかをGoogleで検索。それだけ。

検索してたどり着いたここのページに載ってる画像(下のやつ)を見ればわかるとおり、タブレット側面の両端の端子にUSBケーブルの電気が通ってる線をつなげれば充電される。

circuit

USBケーブルを切ってみると4本の線が出てくるけど、Nexus 7付属のUSBケーブルの場合は「赤と黒」の線をつなげればOK。詳しい解説は「USB端子から5ボルトを取る方法:作る人 (つくるんちゅ)日記」を参考にした。

 

Nexus 7 自作ドッキングステーション 02

 

充電速度も問題ないし、結構満足!

ちなみに下の画像は、Amazonにで386円で購入したNexus 7のケース。今現在、Amazonでは376円と、僕が買ったときよりも10円安くなってる。

Nexus 7 のカバー

 

 
2014年1月11日 追記:
サイトウさんからのコメントがありましたので、追記します。

 

Nexus 7の側面にある4点のドック端子は、中央の2つが音声用、両サイドの2つが充電用の接点みたいです。Nexus 7の購入時に同封されていたUSBケーブルを切断すると、「USB端子から5ボルトを取る方法:作る人 (つくるんちゅ)日記」にある5つめの画像のように4色の配線が確認できます。

この4色のうち、赤と黒が電源用、それ以外がデータ通信用なので、ドッキングステーション作成に使用したものは赤と黒の配線です。

赤黒の配線の皮膜をはがしてNexus 7側面の端子両サイドにそれぞれの線をくっつけてみて充電されているかを確認します(うまく充電できないときは、接触させる線と端子を反対にしてみてください。どっちがどっちかは忘れてしまいました。ごめんなさい)。

配線と端子の組み合わせを確認したら、少し太めの銅線と接続させます。そして、あらかじめ作っておいた自作ドッキングステーション下部から、ほんの少しだけ銅線の先が飛び出るようにしてドック端子にうまく接続できるよう、位置と高さを調整したらおしまいです。

あまり仰々しいものを作らなくても、Nexus 7本体側面の端子とUSBケーブル内の赤黒2色の配線が接続さえしていればとりあえず充電されるので、ドッキングステーションの右下部分(接続端子部分)だけを作成するというのも良いかと思います。その際は、Nexus 7本体USB端子側の側面からドック端子までの垂直距離を測り、接続端子同士がいつも同じ場所に来るように調整するなどの工夫が必要かもしれません。

 

何か不足な点がありましたら、何度でもお答えするので、遠慮なくどうぞ!

Android 4.3にアップデートしたNexus 7でSManagerが動かないので、

先月末に Google が発表した Android 4.3。アップデートの OTA が待ちきれなかった僕はすぐに後悔されていた Nexus 7 のファクトリー・イメージを焼いて、4.3へのバージョンアップを行った。アップデート直後は MX 動画プレイヤーをはじめとするいくつかのアプリが動作しなかったけれど、アプリ開発者の素早い対応によって、今はほとんど不満なく Nexus 7 を使用している……のだけれども、1つだけ不満がある。

Script Manager – SManager が動かないのだ。

Nexus 7 に使われている CPU Tegra 3 には省電力機能の1つとして Prism Display Technology という機能が搭載されている。この機能は、Tegra 3 が画面の色を判断してそれぞれの色を明るい色に置き換えて表示した上で、見た目の変化を抑えながらバックライトの輝度を下げて節電するというもの。僕はこの発想が結構好きで、問題がなければ積極的に椎体と思うのだが、残念ながらこの機能をオンにしていると、画面がしょっちゅうちらついてしまうので目がすぐに疲れてしまう。その上、画面が少し白っぽくなってしまうという欠点も抱えている。

そんな理由から、SManager を使って端末起動時にスクリプトを実行し、機能をオフにしていたていたのだが、残念ながら、Android 4.3 にアップデートしたらこのアプリがうまく動作しなくなってしまった。

仕方がないので、Prism Display Technology のオン・オフを切り替えるときには端末エミュレータを起動して、コマンドをコピペ・実行することにしたが、これがまた面倒くさい!

この面倒くささをいくらか解消するために僕は、端末エミュレータの設定を以下のように変更した。

端末エミュレータ 設定画面
端末エミュレータ 設定画面

「設定 > 初期コマンド」の項目を開いて

su
echo “0” > /sys/devices/tegradc.0/smartdimmer/enable

と入力(オフにするときは上のコマンドの「0」を「1」に変更する)。

端末エミュレータ 実行画面端末エミュレータ 実行画面

これで端末エミュレータを起動しただけで Prism Display Technologyの機能を半ば自動で気のオフにすることができる。もし、端末起動時に自動で端末エミュレータを起動したければ、TaskerAutomatelt-Automate Your Droid のアプリを使用して、設定すれば良い(それでもアプリを終了させる一手間はかかってしまう)。

 

……と、こんな感じで Prism Display Technology をオフにしているんだけど、もっとほかに便利なやりはないのかな?

 

追記:LMT Launcher を使ったら簡単だった

下の画像のように、スクリプトを入力してパイやジェスチャーに割り当てすることで、Prism Display 昨日のオン・オフが一発で切り替えられるようになるのでおすすめ!

prism_lmt_01 prism_lmt_02追記2:昨日か一昨日のアップデートで SManager が使えるようになった。

 

 

Chrome Beta

Androidで広告ブロックが効かないと思ったらサーバー経由の「データ圧縮」を見直すべし

 

僕がAndroidのroot権限を取得する理由はいくつかあるんだけど、そのうちの1つはAdAwayやAdBlockなどのアプリで「広告ブロック」が利用できるからだったりする。これらの広告ブロックアプリは現在Google Play ストアから削除されているのだが、オープンソース専門のアプリストア「F-Droid」からダウンロードできる。それ専用のアプリを利用するやり方もあるらしいけど、僕は面倒なので直接ここへアクセスしてAdAwayのapkファイルをダウンロード・インストールしている。

そんな感じでいつも便利に使わせてもらっていたんだけど、ここ最近、なぜか広告がブロックされなくなっていた。AdAwayに問題があるのだと思って設定を見直したりしてもいっこうに解消されない。「なんか変だなー」と思いつつも1週間くらいそのまま使い続けていたところ、「どうもChrome Betaを使っているときにだけ広告がブロックされていない」ということに気がついた。ってことでChrome Betaの設定を確認してみるとすぐに原因が判明。

Chrome Betaの設定から「帯域幅の管理」→「データ使用料を節約」をオンにしていたことが原因。これをオフに切り替えることで問題が解消された。
chrome_beta_01

 

 

chrome_beta_02

環境にもよるんだろうけど、僕の場合はデータの圧縮をオンにした場合のほうが通常時よりもページ表示速度が遅くなってしまった。おそらくデータ圧縮を使用することで広告がブロックされないため、無駄な通信が増加するのだろうと思う。サーバーを経由したデータの圧縮の効果には個人差がありそうなので、自分で効果の程度を確認してから使うようにした方がいいのかもしれない。

iPad miniとNexus 7

Nexus 7でAndroidアプリ「full!screen」を使ってフルスクリーン表示にしたらかなり便利だった

いつもお世話になっているNexus 7。最新のAndroid OSを使用しているからかこれといった不満もなく使っているけど、不満に感じる点をあえて挙げろと言われれば僕は「横幅の狭さ」を挙げる。10インチクラスの大きな画面であればさほど問題にならない横幅の狭さも、名前のとおり7インチのNexus 7だと話は変わってくる。あのAppleはNexus 7の画面の狭さを引き合いにiPad miniの優位性をアピールしていたが、実際に使ってみるとNexus 7の画面幅の狭さは、端末を横向きで使用しているときにほど痛感する。

Appleのホームー時を横向きで表示

iPad miniとNexus 7を横向きで使用した際、画面に表示される情報量にここまでの差があるのは、画面下にある「戻る・ホーム・アプリ履歴」のナビゲーションバーや通知バーが表示されていることも要因の一つだ。端末全面に物理キーを搭載していないNexus 7では操作に必要なボタン類を画面内に表示している。動画を見る際にはナビゲーションバーが非表示になるのだが、ブラウザや通常のアプリ使用時には常時表示されてい画面の一部を占有してしまう。ナビゲーションバーだけで64px、通知バーを含めると合計97pxもあるので、それらの画面占有率は12%にもなる。

そんな悩みを解消してくれるアプリはないものかと、Google Play ストアを検索してみたらすぐに見つかった。そのアプリがこの「full!screen」。要root。

fullscreenapp_001

↑ これが ↑
↓ こうなる ↓

 

fullscreenapp_002

 

 

アプリをインストールして起動し、一番上の「full!screen mode」の項目のボタン「Disabled」をタップすると「Enabled」に変わり通知バーとナビゲーションバーが消えて全画面表示に切り替わる。

アプリ履歴の表示アプリ履歴を表示したところ

 

フルスクリーンに切り替えると画面右したと左下には操作ボタンが表示され、初期状態では左ボタンは「戻る (Go back)・アプリ履歴 (Show recent apps)(ロングタップ)」、右ボタンは「ホーム (Go to homescreen)・フルスクリーン終了 (Restore systembar)(ロングタップ)」になっているが、僕のおすすめは左下だけにフルスクリーン終了ボタン (Restore systembar)を割り当てて、「Show Notificationにチェックを入れる」というもの。これでいつでも通知バーからフルスクリーン表示へ切り替えることができ、画面左下のワンタップで簡単に表示を戻すことができる。

アプリの設定

 

そして非表示にしたことでできなくなってしまった「戻る」や「ホーム」ボタンの操作はLMT Launcherでを使って行う。この方が画面の隅っこにボタンを配置した状態よりも個人的に使いやすく感じられた。LMT Launcherはxdaからダウンロードできるので、使い方なんかは適当にググってください。

fullscreenapp_008 fullscreenapp_009↑ iPad miniと同等の表示領域を確保できた! グッゲンハイム美術館

これらを組み合わせてNexus 7を使うと横幅の狭さはかなり解消される。その効果は横向きの使用時により大きくなる。さらにブラウジングを楽しむときにはChrome Betaのようにタブバーやアドレスバーを非表示にできるブラウザアプリを使うことで、完全に全画面表示でネットの海を巡回できる。

ところで、ナビゲーションバーを表示しないようにするだけならFull Screen toggleをはじめとするアプリで実現できるのに、なぜこのアプリを紹介したのかというと、僕が知っていたのはどれも再起動しないと適用できなかったからだ。その点で、このアプリは再起動せずにナビゲーションバーの表示・非表示を手軽に切り替えることができるのでけっこう便利だった。

タブレットに限らず、スマートフォンを使っていて「もう少し画面を大きく使いたいな」と思っていたら、このアプリはおすすめ!

AndroidのGoogle検索アプリで検索候補を選択してボックスに入力する方法がわかった

 

今日初めて気がついたので紹介します。

Ginger Bread (Android 2.3)まではGoogle検索アプリを使って検索するとき、検索候補の右端に表示されている矢印をタップすると「検索ボックスに入力モードが維持されたまま検索候補が入力される」って機能があったんですけど、Nexus 7を買ってからはその機能が使えなくてイライラしていたんです。

ですが今日、Nexus 7でもその検索テクが使えることに気がついてしまったんです。
やり方は簡単。検索候補をロングタップ。これだけ。

 

2013-03-07_18.48.53

こんな感じで検索したい候補をロングタップすると……

 

2013-03-07_18.49.02

検索ボックスに検索候補が入力されます。
そのまま続けて入力するか、更に検索候補を選択して検索候補を絞り込むことができます。
2013-03-07_18.49.09

こんな感じで検索候補の追加絞り込みが!
2013-03-07_18.49.12

最後に、検索ワードが定まったらエンターキー(画像の場合は右下の虫眼鏡)を押して検索します。
2013-03-07 18.49.29

こんな感じ。

僕のように「今まで気がつかなかった」って人もいるかも知れないですし、以前のように矢印で候補絞り込みができるようにしてほしいものですね。