タグ別アーカイブ: Google

Google Play ミュージックへのアップロードはChromeアプリよりミュージックマネージャを

先日、日本でも正式にサービスが開始された Goole Play ミュージック ですが、その昨日の一つである『ロッカー』は、パソコンからGoogleに音楽を最大5万曲まで無料でアップロード・保管できるというもの。それを使いはじめるためには、Play ミュージックを開いて、クレジットカード情報を登録し、音楽聴き放題サービスの30日間の使用をする必要があります。クレジットカード情報を入力せずとも、キャリア決済にも対応しているので、スマートフォンからアプリを開いて、購入しても構いません。gpm_01gpm_02

登録後、すぐに解約しても良いのですが、今登録すれば、通常、月額980円のところ、780円で聴き放題のなるので、そのままお試しで使ってみることをおすすめします。お気に召さなければ、無料期間内の解約を忘れずに。

 

さて、このGoogle Play ミュージックですが、Google ChromeからWebサイトにアクセスして音楽をアップロードしようとすると、Chromeアプリのインストールを求められ、そのアプリからアップロードが行われます。しかし、このアプリ、なぜかCPU負荷が高く、なかなかアップロードが終わらない……という自体に見舞われてしまいます。Google Chrome以外のブラウザからアクセスすれば、ミュージックマネージャという、別の専用ソフトをダウンロード・インストールできるので、そちらから音楽のアップロードをするほうが、効率がいいでしょう。

Chromeでも下のURLからアクセスすれば、ミュージックマネージャをダウンロードできます。
アップロード – Google Play ミュージック
https://play.google.com/music/listen?u=0#/manager

私の場合は、約9000曲をアップロードにまる一日かかりました。FLAC形式で音楽を保存していたから、変換に時間がかかったのかもしれません。MP3で保存しているなら、もっと早く終わるでしょう。
しかし、Windows、Mac、Linuxのそれぞれに対応しているのはすごくありがたいですね。

AndroidのYouTubeアプリで表示される「サーバーとの接続が切断されました タップして再接続して下さい」

2015年1月1日 追記:

なんかアクセスが多いんで、思いつく対処法を。

Bluetoothテザリングで接続しようとすると、Googleのサービスにうまくアクセスできなくなるみたいなので、それ以外の場合についてだけ。

思いつく対処法は以下の3つ

  1. アプリのアップデート
  2. アプリのデータを消去
  3. アプリの更新を削除

yt_err_01

もし、3でうまくいったら、もう一度、アプリをアップデートしてみる。それでまた再生できなくなったらアプリの不具合だろうと考えられる。あとは、アプリ設定の「初期状態で起動」の項目にある「設定を消去」をタップしてから、ブラウザで直接、目的の動画を再生できるかどうかを確認。

上の3つで解決しない時は、ここから下に書いたAdblockの可能性もあるけど、たぶん、それに該当する人は少数派だと思う。

 


 

先月末ごろのことだったと思うけど、AndroidのYouTubeアプリを更新したころから、動画を再生しようとすると「サーバーとの接続が切断されました タップして再接続して下さい」と表示されて、動画が再生できなくなる問題が起こっていた。

YouTubeで再生できない

Google Play ストアに書かれているレビューを見ても、僕と同じ様に再生できずに困っている人達がいるようなので、はじめは「アプリの問題なのかな?」と思い、のんびりとアプリの修正/更新を待っていたのだけど、更新される気配は全くない。

そこで問題はYouTubeアプリそのものではなく、実は最近インストールした「Adblock Plus」が真犯人ではないかという疑いが急浮上。「物は試し」とも言うし、取り敢えずAdblock Plusのフィルター機能をOFFにしてみた。

Adblock Plusの設定

 

すると……なんと言うことでしょう!

さっきまで再生できなかったYouTubeの動画が、見事に再生されているではありませんか!

YouTubeで再生できた!YouTubeのアプリを更新してから動画が再生できなくなる現象は、もしかしたら、Googleが広告ブロックアプリ対策を仕掛けたからだったのかも。

ひとまず、一件落着!

 

 

鳥越俊太郎を調べるためにGoogleで「筑紫哲也」で検索したら鳥越俊太郎が表示された

ちょっと意味のよくわからないタイトルかも。事の顛末は以下のとおり。

今日、家族でテレビを見ていたところ鳥越俊太郎さんが登場するCMを見かけた(その時点では家族みんなが鳥越俊太郎であることを思い出せていなかった)。すると「この筑紫哲也って誰かに似てない?」と、父が発言。僕は数年前に筑紫哲也さんが亡くなったという報道を確かに見かけた記憶があったので、「この人は筑紫哲也じゃない。筑紫哲也に似た誰かだ!」と言ったのが、その筑紫哲也に似た誰かを思い出せない! 絶対に見たことがあるのに……!

結局そのテレビ画面に映し出された筑紫哲也似の誰かを思い出すことができず、仕方なくGoogleで「筑紫哲也」を検索。下の画像がそのときのそれ。

Google検索Google検索結果の右側を見るとに「筑紫哲也」の詳細が表示されていて、僕の記憶通り2008年になくなっていたことが確認できたが、ここからがすごい。

「死没:2008年」のすぐしたに「他の人はこちらも検索:〜」と書かれているところに、なんと「鳥越俊太郎」の文字が!

>僕の期待した情報を検索結果に表示してくれるなんて、Google先生すごすぎ!……と思ったけど、Googleは単に筑紫哲也と同時に検索されることの多い鳥越俊太郎を候補としてあげているだけなんだろよね。それは結局僕以外にたくさんの人が筑紫哲也と鳥越俊太郎を似ていると思っているってことでもあるんのかも。

筑紫哲也 – Google 検索
鳥越俊太郎 – Google 検索

結構似てるよね? 白髪のところとか……

 

普通の企業になってゆくAppleに期待する

日本時間の6月10日深夜2時に開催されたAppleのWorld Wide Developers Conferenc(WWDC)では、iOS 7やOS X Mavericks、それからIntelの新世代CPU Haswel搭載のMacBook Airなどが発表されたが、あっと驚くような新機能があったわけでもない……というのが僕の印象だった。悪い言い方をすれば他企業・サービスの「後追い」のように感じられた。

iOS 7の壁紙

たとえば壁紙。
動画のようにiPhoneを倒したり傾けたりすると、モーションセンサーを利用して壁紙の奥行きを演出している。初めて見たら「あっ」と驚くかもしれないが、この機能はすでにAndroidのライブ壁紙で実現している。

GyroSpaceGyroSpace 3D Free – Google Play の Android アプリ 

 

OS X Mavericks

同公演で発表された新OSのMavericksもどことなく「あれと似てる」と思うような新機能が搭載されていた。その中の機能の一つが「Finderのタブ機能」だ。

ブラウザなんかでよく使われているタブ機能がOSに標準搭載されるらしいのだが、この機能はXtraFinderをMacにインストールすれば使うことができるので特別すごいとは思わないだろう。

しかもこの機能は無料でダウンロード・インストールすることのできるLinuxディストリビューションUbuntuのNautilusでは当たり前の機能だったりする。下の画像はUbuntuにMac OS Xのテーマを適用したもので、ここの画像と見比べてみると結構そっくりでしょ? ちゃんとタブも表示されてる。いっそのこと、気分だけでもMacを味わいたいならもうUbuntuでいいんじゃない? 無料だし。

Ubuntu ファイル

 

 もっとパクって!

つい先日も4.7インチと5.7インチのiPhoneをAppleが開発中であるという報道がされていた。何度も言うように悪い言い方をすれば完全な後追いだが、僕にとっては好ましい方向性だ。何かと制限の多いiPhone(iOS)だが、何かと拘りを持っていた前CEOがいない今、このままの調子でどんどん他企業の製品やサービスの機能を取り入れることで、便利で使い勝手の良いものへと変わっていってほしいと思う。僕のように「IMEの変更ができたらAndroidから乗り換える」って人は結構多いはずだからね。

iPad miniとNexus 7

Nexus 7でAndroidアプリ「full!screen」を使ってフルスクリーン表示にしたらかなり便利だった

いつもお世話になっているNexus 7。最新のAndroid OSを使用しているからかこれといった不満もなく使っているけど、不満に感じる点をあえて挙げろと言われれば僕は「横幅の狭さ」を挙げる。10インチクラスの大きな画面であればさほど問題にならない横幅の狭さも、名前のとおり7インチのNexus 7だと話は変わってくる。あのAppleはNexus 7の画面の狭さを引き合いにiPad miniの優位性をアピールしていたが、実際に使ってみるとNexus 7の画面幅の狭さは、端末を横向きで使用しているときにほど痛感する。

Appleのホームー時を横向きで表示

iPad miniとNexus 7を横向きで使用した際、画面に表示される情報量にここまでの差があるのは、画面下にある「戻る・ホーム・アプリ履歴」のナビゲーションバーや通知バーが表示されていることも要因の一つだ。端末全面に物理キーを搭載していないNexus 7では操作に必要なボタン類を画面内に表示している。動画を見る際にはナビゲーションバーが非表示になるのだが、ブラウザや通常のアプリ使用時には常時表示されてい画面の一部を占有してしまう。ナビゲーションバーだけで64px、通知バーを含めると合計97pxもあるので、それらの画面占有率は12%にもなる。

そんな悩みを解消してくれるアプリはないものかと、Google Play ストアを検索してみたらすぐに見つかった。そのアプリがこの「full!screen」。要root。

fullscreenapp_001

↑ これが ↑
↓ こうなる ↓

 

fullscreenapp_002

 

 

アプリをインストールして起動し、一番上の「full!screen mode」の項目のボタン「Disabled」をタップすると「Enabled」に変わり通知バーとナビゲーションバーが消えて全画面表示に切り替わる。

アプリ履歴の表示アプリ履歴を表示したところ

 

フルスクリーンに切り替えると画面右したと左下には操作ボタンが表示され、初期状態では左ボタンは「戻る (Go back)・アプリ履歴 (Show recent apps)(ロングタップ)」、右ボタンは「ホーム (Go to homescreen)・フルスクリーン終了 (Restore systembar)(ロングタップ)」になっているが、僕のおすすめは左下だけにフルスクリーン終了ボタン (Restore systembar)を割り当てて、「Show Notificationにチェックを入れる」というもの。これでいつでも通知バーからフルスクリーン表示へ切り替えることができ、画面左下のワンタップで簡単に表示を戻すことができる。

アプリの設定

 

そして非表示にしたことでできなくなってしまった「戻る」や「ホーム」ボタンの操作はLMT Launcherでを使って行う。この方が画面の隅っこにボタンを配置した状態よりも個人的に使いやすく感じられた。LMT Launcherはxdaからダウンロードできるので、使い方なんかは適当にググってください。

fullscreenapp_008 fullscreenapp_009↑ iPad miniと同等の表示領域を確保できた! グッゲンハイム美術館

これらを組み合わせてNexus 7を使うと横幅の狭さはかなり解消される。その効果は横向きの使用時により大きくなる。さらにブラウジングを楽しむときにはChrome Betaのようにタブバーやアドレスバーを非表示にできるブラウザアプリを使うことで、完全に全画面表示でネットの海を巡回できる。

ところで、ナビゲーションバーを表示しないようにするだけならFull Screen toggleをはじめとするアプリで実現できるのに、なぜこのアプリを紹介したのかというと、僕が知っていたのはどれも再起動しないと適用できなかったからだ。その点で、このアプリは再起動せずにナビゲーションバーの表示・非表示を手軽に切り替えることができるのでけっこう便利だった。

タブレットに限らず、スマートフォンを使っていて「もう少し画面を大きく使いたいな」と思っていたら、このアプリはおすすめ!

Googleリーダーの代替サービスはFeedlyで決まり!

feedly_icon
Googleリーダーのサービス終了まであと2ヶ月となったわけで、さろそろ代替サービスを検討しなくちゃいけないかな? と思って、取り敢えず乗り換え候補No. 1のFeedlyを久しぶりに使ってみたところ、随分と使いやすくなっているように感じられたので、今日はこれを紹介します。

僕はGoogle Chrome向けのWebアプリAndroid向けのアプリを使用しているのですが、どちらもGoogleリーダーよりも閲覧しやすく便利であるように思えました。

フルHDのモニターを使ってブラウザのウィンドウを最大化しているとGoogleリーダーの場合、Googleの検索結果と同様にコンテンツが左寄りに表示されてしまって結構見づらいんですよね(まぁ、ウィンドウサイズを適度に縮小すればいい話なんですが……)。ところがFeedlyの場合は横幅が固定されているため、表示されるコンテンツが中央に表示されてとても見やすい!

gr_widefeedly_wide

右上に表示されている項目からフォーマットを変更すればGoogleリーダーと似たような表示に変更できるので、文句なし!

 

一方のAndroidも設定をちょこっと変更するだけでとても使いやすくなりました。

gr_n7

僕の場合、空き時間にちょくちょくフィードを消化していくスタイルなので、上の画像のように「ここまで読んだ(Mark Previous as read)」っていう既読処理の機能があることが必須なんです。ところがFeedlyにはその「ここまで読んだ」の機能が内っぽい? とりあえず設定項目を開いてみると……

 

feedly_n7_01

「 Auto Mark as Read」と言う小目を見つけたのでチェックを入れます。

feedly_n7_03

すると、フィードを読み進めるために記事を上にスワイプするたびにフィードが既読状態になるではありませんか! 今までちまちまと「ここまで読んだ」をおして既読処理をしていた自分があまりにも馬鹿らしく感じられるほど便利。今までFeedlyを使ってこなかったことが悔やまれます。

feedly_n7_02

使っていてちょこっと気にくわなかったのはフォントの1点だけだったのですが、それも設定から変更可能だったので問題なし。

あまりにもFeedlyの使い勝手が良すぎるので、3ヶ月くらい前に購入したAndroidアプリ「Just Reader」を早くもアンインストールすることになってしまいました。Googleリーダーの代替サービスを探している方に、Feedlyは是非ともおすすめしたいアプリです。

 

AndroidのGoogle検索アプリで検索候補を選択してボックスに入力する方法がわかった

 

今日初めて気がついたので紹介します。

Ginger Bread (Android 2.3)まではGoogle検索アプリを使って検索するとき、検索候補の右端に表示されている矢印をタップすると「検索ボックスに入力モードが維持されたまま検索候補が入力される」って機能があったんですけど、Nexus 7を買ってからはその機能が使えなくてイライラしていたんです。

ですが今日、Nexus 7でもその検索テクが使えることに気がついてしまったんです。
やり方は簡単。検索候補をロングタップ。これだけ。

 

2013-03-07_18.48.53

こんな感じで検索したい候補をロングタップすると……

 

2013-03-07_18.49.02

検索ボックスに検索候補が入力されます。
そのまま続けて入力するか、更に検索候補を選択して検索候補を絞り込むことができます。
2013-03-07_18.49.09

こんな感じで検索候補の追加絞り込みが!
2013-03-07_18.49.12

最後に、検索ワードが定まったらエンターキー(画像の場合は右下の虫眼鏡)を押して検索します。
2013-03-07 18.49.29

こんな感じ。

僕のように「今まで気がつかなかった」って人もいるかも知れないですし、以前のように矢印で候補絞り込みができるようにしてほしいものですね。

 

 

ふたご座流星群を観察したいけど方角がわからない? なら「Google スカイマップ」のアプリをつかえ!

Google Sky Maps

今夜から見頃のピークを迎える「ふたご座流星群」。ふたご座を始点として星が流れるので、ふたご座がどの方角にあるのかはあらかじめ知っておきたいところですよね。

そこで今回は簡単にふたご座の位置を知ることができるAndroidアプリ「Google スカイマップ」を紹介します。

使い方はいたって簡単です。

アプリを起動したら検索ボタンを押すかメニューボタンを押して「ふたご座」と入力、検索を開始します。(事前にGPSをONにするのをお忘れ無く!)

そうすると下の画像のようにふたご座の方角を示すマークが表示されるので、その方角に合わせスマートフォン・タブレットを持った自分の向きを調整します。

向きが近くなってくると中央のリングの色が赤く変わってきます。

中央のリングが大きく表示され、ふたご座の位置・方角が確認できたら、画面右上の罰ボタンをタップして検索を終了です。

 

このエントリーをここまで書いてから国立天文台にアクセスしたらこんな事が書いてあるのをみつけてしまいました。

見る方向を気にする必要はありません。ただし、月のある方向を正面にして観察するのは避けたほうがよいでしょう。

なんてこった(´・ω・`)

 

追記:

さっき気がついた。Google スカイマップに放射点が表示されてた。