タグ別アーカイブ: 買いもの

Antec ISK-110で、初めての自作パソコン

 

6年くらい前にマウスコンピューターから購入したパソコンが、時々起動できなくなったり、スリープさせるとそのまま復帰できなくなったりと、いよいよ限界が近づいてきたので、いいかげん、新しいパソコンが欲しくなってきた。

ってことで、今回は人生初、パソコンの自作した。

構成は以下の通り。全部で45,000円くらいだった。

mypc02

写真を見てもらうとわかるけど、とにかく小さい!

ケースにマザーボードを入れるのい四苦八苦して、ようやく入ったと思ったら、パソコンが起動しなかったりして、なんだかんだで組み立てるのに3時間半くらいはかかってしまった。事前にパソコンの組み立て方を調べておくべきだった……
mypc01

組み立てていて躓いたポイントは、上の写真のところ。

HDDをケース背面のところにネジで止めるんだけど、SATAケーブル差込口が写真の通りの向きになるように金具を180度回転させる必要があった。そうしないと、ケーブルを表麺に回せなくなるので、注意。

そして、これは僕が悪いんだけど、マザーボードの選択を誤った。
僕はオンボードの光出力端子があるH81M-ITXを選んだわけだけど、USB 2.0 の 内部ピンヘッダが1か所しかない。ケースのISK-110にはフロントUSBが4か所あって、必要なピンヘッダは2か所。つまり、フロントUSB端子は2箇所しか使えない。

もともとフロントUSB端子を使うつもりがなかったんで、全く問題はないんだけど、次回からは、そういうところをよく調べておこうと思う。

それから、マザーボードに関してもうひとつ。

僕の環境だけかもしれないけど、BIOSの設定画面に入る際、DVI端子やHDMI端子で接続していると、ブラン感時代の砂嵐のような表示になってしまうので、VGA端子で接続するとうまくできる。
mypc03

ケーブル。

なんか、3Pコンセントとかいうものらしく、うちの壁についてるコンセントにはそんな穴がないので、そのままでは刺さらない。そこで急遽、下の画像のような使われてなかった電源タップに、アース部分の出っ張りをはみ出させながら接続させた。解決。

41VDPKRHGVL

 

3P 2P 変換アダプタというものもあるみたいなんで、ISK-110を購入する際は、こういうものも一緒に買っといたほうがいいかもしれない。
713ecxGyepL._SL1500_

 

 

んで、組み上げたパソコンの感想はというと……とにかく早い!

それまでに使っていたパソコンの CPU が Core 2 Duo E8400 だったんで、Core i 3 4340 にしたことで、処理速度が大体2.5倍になったことが大きく影響しているんだと思う。あと、メモリを8GBにしたのも良かった。Google Chrome でバカみたいにタブを開いてもスワップに悩まされる心配がないので、メモリ不足にビクビクすることがなくなってよかった!

CPU は Core i シリーズ中、一番下のモデルでなのに、この実用性!
CPUの処理速度だけだったら、MacBook Pro Retina ディスプレイモデル 13インチ よりも1〜2割程度上なんだから、まぁ安い! お値段3分の1以下ですよ。

それから、HDD のアクセス速度も早い。
3.5インチから2.5インチになったことで回転数が下がっているはずなのに、読み込み速度が明らかに早くなっている。すばらしい!

オンボードの音声出力が想像以上に良くて驚いた。
これまではSE−90PICというサウンドーカードを別に繋げないとノイズがひどくてオンボードは使い物にならなかった。けど、今回のオンボード出力は、そのサウンドカードよりもいい!……気がする。ノイズは少ないし、低音域もはっきりと出ていて聴きやすい。これなら、光出力端子にこだわらず、他のマザーボードを選んでも良かった。

 

そして、やっぱり、なんと言っても、静かなのが魅力!

電源が外部のACアダプタになったことで、一番うるさかった電源ファンがなくなり、とても静かになった。ISK-110にはケースファンも搭載されていないので、駆動部分はCPUファンと、HDDだけに。

ただ、静かになた分、今まで問題にすらなたらなかったHDDへのアクセス音(ゴリゴリ……というより、キュッキュッという高い音。15kHzくらい?)が気になるようになってしまったことが、嬉しい悩み事。

いい時代だ!

 

青白い光で虫をバチバチッと退治する「電撃殺虫器」

蚊が鬱陶しくなってきてからひと月はたったであろう、今日このごろ。近所のホームセンターで「電撃殺虫器」なるものが1,980円で販売されていた。光で虫を誘い込んで電気てバチバチッとやるアレだ。今、手元には、それが2つある。

電源コードをコンセントに差しこむだけで点灯・稼働するというシンプルな構造で、説明書なんて読まなくても簡単に使えるのが魅力的だ。少し眩しいくらいに青白く光るその姿は、これからの活躍を期待させてくれる。

電撃殺虫器

 

ところが。
まる一日使用してみて気がついたんだけど、どうも効果が感じられない。蚊は、相変わらず耳元にやってきては「ぷ〜ん」と羽音を立てて、僕を挑発してくる。

使い方が悪かったのかと、軽く眺めていただけの説明書を読んでみると、驚くことが書かれていた。

  • 本器は虫が好む波長の光を点灯し、周囲にいる虫を集め電撃格子に虫を接触させ、ショック死させる方式のものです。
  • 光を好まない虫、(蚊など)には効果がありません。予めご了承ください。

(蚊など)には効果がありません
はあああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!???? 蚊には聞かないのかよおおおおおぉぉぉぉ

 

たしかに、パッケージには、「光に集まる害虫・蛾・コバエなどを一撃!!」とは書かれているが、かを殺せるという内容は一切書かれていない。

よくよく考えてみれば、蚊は、人間の吐き出す二酸化炭素に反応して近づいてくるのであって、光によってくるわけではない。だから、かを光で寄せ付けて退治するという発想が、そもそも間違っていたのだ。

 

ってことで、この電源器殺虫器は、台所の近くにおいて、コバエを退治するために利用しようと思う。天井からぶら下げるはえとりリボンの効果が、家では今ひとつだったんで、この電撃殺虫器には、ぜひとも期待したい。

 


 

追記:何日か使用してみると、コバエや小さな我のような虫を退治するのを確認できた。結構いい感じ。

     

ティッシュを短くして量を増やす、という発想

 

アベノミクスとかいって人為的なインフレを発生させるために、大規模な金融緩和をしてくれたおかげで、日本は短期間で大幅な円安となった。そのおかげで、今年に入ってから続々と値上げされる商品が発表されている。原油価格の下落が続いているため、物価上昇は限定的になって入るものの、庶民にとっては値上のニュースはあまり嬉しくない。

そんな中、我が家が定期的にティッシュを購入しているジョイフル本田では昨年末、何故かティッシュが値下げ販売されていたので、とても驚かされた。以前は、200組(400枚)の6パックセットが298円だったのが、据置価格で7パックに増えていたのだ。

一体どういったマジックを使ったらそんな値下げができるのかと疑問に思ったのもつかの間、ティッシュを手にとって見ればすぐにタネが理解できた。
新旧ティッシュ

そう。写真を見ればわかるとおり、長さが短くなっていたのだ。
ティッシュを広げたとき

中身を取り出して並べてみた。
ティッシュ 拡大長さがおよそ21cmから18cmへと3cmほど短くなっている。

さて、消費者として気になるのは「実際に値下げされているのか?」ということだと思う。僕も気になった。そこで簡単に計算してみる。

新ティッシュは長さ18cmの7パックセット。
旧ティッシュは長さ21cmの6パックセット。

18 × 7 = 21 × 6

となるので、使われているティッシュの量に変化はないということがわかる。つまり、値下げはされていないのだ! これは賢い!

普通にティッシュで鼻をかむときには、大抵の場合、紙の端の方を余らせて使用しているだろうと思う。であれば、実際に使用できる紙の枚数が増加している新ティッシュのほうが、間違いなくお得だろう。この戦略は、値段を据え置くために細くしているちくわなんかとは比べ物にならないくらい素晴らしい発想だ。

ジョイフル本田、なかなかやるな!

 

Amazonよりも便利なヨドバシ.com

ヨドバシ.comでは今年中に生鮮食品の販売を開始するそうで、ずいぶんとひきこもりにやさしい世界になっていくみたい。
攻めるヨドバシ、総合小売業目指し巨額投資の成算 ネット通販拡大、旗艦店建て替え… | ビジネスジャーナル

つい最近、ヨドバシ.comで蛍光灯をまとめ買いしたんだけど、ほぼ同時に別の商品をAmazonで注文した商品よりも早く、ヨドバシからの商品が到着したんで、かなり驚かされてしまった。注文が夜の10時頃で、日付が変わって深夜の1時に注文した確定し、早朝に発送。それから夕方には日通のおじさんが大きな箱を抱えて、玄関まで届けてきてくれた。

一方のAmazonは、いつもどおり24時間以内の発送で、翌日着だった。

Amazonプライムに入れば即日配送と配達日時指定が可能になるが、ヨドバシのほうはそれらが全部無料で行われるんだから凄すぎ!

あと、Amazonでは最近、一部に「合わせ買い対象商品」なるものがあって、合計金額が2,500円以上になるように購入するか、送料無料の商品と合わせて購入しなければならないものがある。だけど、ヨドバシは全商品が送料無料なんで、細かいことを気にせずに購入することができて、Amazonよりかなり便利だ。Amazonマーケットプレイスがないのもい魅力だね。

ほかにも、楽天と違って税別表示と税込み表示が混在していることがなかったりとか、色々と好感がモテることろがあるけど、とにかく、ヨドバシ.comでの買い物は一度試してみてほしい。サイトも軽いしおすすめだよ。

期間限定ポイントの救世主「Rポイントカード」

楽天イーグルスやヴィッセル神戸が勝利した翌日に楽天市場で買い物するとポイントが2倍・3敗になるキャンペーンがあって、その日を狙って僕はよく買い物するんだけど、そのときにもらえるポイントには有効期限があって、すぐに使わないとポイントが失効してしまう。

いくら購買を煽って利益を出すための戦略だといっても、こうまで頻繁に有効期限が迫ってくると、はっきりいってポイントを使うための買い物面倒になってくる。しかも、期間限定ポイントには何かと制約が多くて、例えば、Edyへポイントを移行すしてチャージできるのは、通常ポイントだけだったりする。

そうして使い道に困っていた期間限定ポイントだけど、今月1日からスタートしたRポイントカードというサービスを利用すれば、期間限定ポイントを実店舗で消費できるらしいということを、遅まきながら知った。
Rポイントカード: 街でも楽天スーパーポイントが貯まる・使える楽天のポイントカード

ってことで、期間限定ポイントの消費に悩んでいる人は、Rポイントカードを作って利用するといいかも。僕は、今日15日に期限を迎えるものが1000ポイントほどあるので、ミスタードーナツにいってポイントを使ってこようと思っている。秋のドーナツ セレクト10とかいうキャンペーンも15日から始まるみたいだし。

 

 

肌のガサガサに、プロテインパウダーのススメ。

僕の顔の表面はかなりがさついた肌をしているので、放っておくと、肌からはがれ落ちた皮膚の破片が眼鏡に張り付いてしまい、定期的に眼鏡を洗うはめになってしまう。これが、まぁ面倒!

これまで僕は対処法として、肌に乾燥を防ぐ乳液やワセリンを塗ったくってやり過ごしてきたのだが、最近は「プロテインパウダー」を毎日摂取すすることで、肌の状態を完全に問題ないレベルにまで改善することができた!

肌の調子を整えるために「ビタミンB群」が必要だということは何となく知っていたので、僕は以前、サプリメントでビタミンを摂取してみたが、これがまるで効果なし。それから「どうすれば効果が出るのか」と考えたところ、タンパク質を同時に摂取すれば良さそうだという結論に至った。んで、Amazonでプロテインパウダーを検索してみたところ、都合良くビタミンB群を配合したプロテインパウダーが見つかったので、早速バナナ風味のプロテインを注文し、継続的に摂取してみることに。そうしたら上に書いたとおり、肌の問題が4〜5日で解消されたのだ。

それから約1月半、プロテインを摂取し続けたところで袋の中身がゼロになったので、Amazonで再注文する前に、肌の改善が「本当にプロテインによる効果なのか?」を確かめようと、プロテインの摂取を2週間経ってみることにした。すると、肌の調子は以前のようにガサガサに。

その後Amazonで、チョコレート風味のプロテインパウダーを注文し摂取を再開したら、肌の調子が明らかに良くなった。これはプラシーボ効果じゃなさそう。

個人差はあるだろうけど、僕の場合は間違いなく、ビタミンB群とプロテインの同時摂取で肌の調子を改善させることができたので、肌に悩みを持った人は試してみてはいかがだろうか。

 

Panasonic どこでもドアホン VL-SW301KL

家のインターホンをPanasonicのワイヤレスモニター付きドアホンVL-SWD301KLに自分で交換した話

僕が普段家で過ごすときはだいたい2階にいることが多いので、テレビやインターネットの通信販売で購入した商品を宅配で受け取るときになんかは結構不便だったりする。昨日もPanasonicから買ったバリカンのアタッチメントAmazonで注文した商品を受け取るため、1階にしか設置されていないインターホンの音に気を配りながら2階で過ごしていた。

ネット通販を多用する僕にとって、インターホンが1階にしか設置されていないということは死活問題! そんな状況を改善すべく今回は、Panasonicのワイヤレスモニター付きドアホン VL-SWD301KLを購入するに至った。昨日送られてきたAmazonからの商品がまさにこのドアホンだ。

僕が数あるドアホン(インターホン)からこのVL-SWD301KLを選んだのは、2階にいても呼び出しを受けられ、なおかつ高価格ではないという条件をすべて満たしていたからだ。しかもこの商品は、価格.comの売り上げランキング1位(購入時とこの記事を書いている2013年6月27日現在も1位)。みんなが購入していて、それなりの評価がなされているこの製品なら「たぶん大丈夫だろう」というなんとも曖昧な安心感がある。というわけで、価格比較ランキング1位のAmazonで23,980円を支払い購入した。

Panasonicではドアホンの取り替えができるかどうかの動画を公開しているので、購入を検討しているかたはチェックしてほしい。僕はもちろん、購入前に動画見て家のインターホンと取り替えられるかどうかを確認した。

 

開封と設置

Amazonから届いた箱を開けて中身を並べたのが写真のとおり。

VL-SWD301KL 開封前 VL-SWD301KL 開封後

すでに設置されているインターホン・ドアホンと交換する手順は同梱されている工事説明書に書かれているとおりにすれば、僕のように不器用な人間でも簡単にできた。(正直に白状すると、説明書は読み慣れていなかったのであまり見ていない。上の動画を参考にやっただけ。)

 

設置前と設置後

なんということでしょう。

ドアホン Before ドアホン After

経年劣化で黄ばんでしまっていたインターホンは、はがれ掛けた壁とは不釣り合いなほどの白さを持ったモニター付きのドアホン親機に生まれ変わりました。

親機 Before 親機 After

そしてほこりまみれだったドアホンはカメラとLEDライトのついた新しいデザインのものにへと付け替えられました。

設置が完了したのでおそるおそるコンセントをさすと、ちゃんと電源が入った子を確認。日付と時刻の設定を済ませるだけで初期設定は終了! あっけない。子機ははじめから親機との接続がされているみたいで、設定することなく使用することができた。

 

子機の充電がCOOL!

子機充電スタンド

充電式の子機には当然、充電スタンドが付属しているのだけど、その充電器と子機本体の底面を見ても接続部分が見当たらない……。使ってみるとわかるのだが、どうやらこれは最近のスマートフォンや我が家でも使っているPhilipsの電動歯ブラシにも使われているような「ワイヤレス充電」ができるタイプのものらしい。

こういった製品には埃がたまりがちになりやすいので、金具部分が接触不良を起こし充電ができなくなることが多いのだが、ワイヤレス充電のタイプならその心配がなくとてもありがたい。しかもなんか格好いいしめっちゃCOOL! この商品一番のお気に入りポイントだ。

VL-SWD301KL 子機

そんなこんなで、今はまだドアホンを取り替えてからあまり時間がたっていない。宅配業者や知人の来訪がまだないから当然新ドアホンの出番もなし。あぁ、新聞の勧誘でも何でもいいから誰かうちに来てインターホンのボタンを押してくれないかな〜?

あんま関係ないけど、インターホンって和製英語なんだね。
インターホン – Wikipedia

<iframe width=”640″ height=”360″ src=”//www.youtube.com/embed/nJ6cKx1swbg” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

パナソニックグループのオンラインショッピングモール - MyMALL(マイモール)

太っ腹なパナソニックのオンラインショップ「MyMALL」

髪を切るときに使う電動式のバリカン。数年前に祖父が亡くなってから譲り受けたパナソニックの「カットモード ER5208」もそんなバリカンのひとつだけれども、なぜかカットする髪の長さを調節するアタッチメントを紛失。下の画像だとバリカン本体の左側に表示されているグレーのアタッチメント4つがなくしてしまったそれです。
ER5208販売から6年も経過しているのでバリカンのブランドはというと今は懐かしきNational。取り扱い説明書で確認できる製造者の名前は松下電器産業株式会社。そんな古いバリカンのサポートなんて今はやってないだろうと思いながらもわずかな希望にすがるようにGoogleで検索。すると、同じ考え・状況におかれている人っているもので、Yahoo! 知恵袋でこんな質問と回答を発見。
NationalのER5208というバリカンのアタッチメントを別売りしているところは ないの… – Yahoo!知恵袋

Yahoo! 知恵袋 NationalのER5208というバリカンのアタッチメントを別売りしているところは ないのでしょうか? なんと保証期間は2015年の2月まで! しかもベストアンサーには丁寧に型番まで書かれている!

この型番をさらにGoogleで検索してヒットしたページが、このエントリーのタイトルにもなっているパナソニックグループのオンラインショッピングモール – MyMALL(マイモール)。ページ右上に表示されている検索ボックスのところの「本体の品番で消耗品を探す」にチェックを入れバリカンの型番「ER5208」を入力し検索。これで無事、目的のアタッチメントを購入することができた。(僕が購入した段階では「刈り高さアタッチメントB」の在庫がなかったのに、これを書いている今は在庫があるみたい)

MyMALLで購入できるアタッチメントの価格は1個315円! しかも会員になると送料が無料になっちゃんだからパナソニックさん太っ腹!

結局僕は会員になって「刈り高さアタッチメント」を1個だけ購入することにした。1個315円でしかも送料が無料なんだから、間違いなく赤字なんでしょう。申し訳ないと思いつつもパナソニックの太っ腹な精神に敬服しながら、僕は商品の到着を待っています。

 

追記:商品到着!

送られてきた箱とアタッチメント

送られてきたティっすぼっくすほどの大きさの箱を開けてみると、中にはさらに小さな箱が1個。
その小さな箱には当然バリカンのアタッチメントが!

こんな小さな、しかも315円しかしないものを誰かが箱詰めしてくれてることを想像すると、本当に申し訳ない!