タグ別アーカイブ: キーボード

若者の“物理”キーボード離れ

ケータイ・スマホ世代の人たちにとっては、パソコンのQWERTYキーボードよりもテンキー入力やフリック入力のほうが早く打てるという人たちが結構いるようで、記事のように、スマホでレポートを書き出してから、パソコンでで体裁を整えて提出するという人を、大学でも割とよく見かけたことがあった。
若者のキーボード離れ加速 レポート・卒論でフリック入力も│NEWSポストセブン

ただ、これを『若者のキーボード離れ』だと表現するのは、いささか語弊があるように思う。

なぜそう思うのかというと、スマートフォンの画面内に表示されているキーエリアを『ソフトウェアキーボード』と呼ぶからだ。(下の画像のした半分がそれ)ソフトウェアキーボード

 

テンキーでのフリック入力であろうとQWERTYキーで入力しようと、基本的に、キーボード入力していることにはかわりはないのだ。『若者のキーボード離れ』を正しく表現するなら『若者の“物理”キーボード離れ』が正確だろう。だから、若者のキーボード離れは起こっていない。音声入力が主流になってはじめて、キーボード離れを叫べばよい。

あと、記事の2ページ目に『かな入力そのものは今でも可能だが、スマホ世代の若者はローマ字入力しか使わない』と書かれているが、かな入力をしている人間なんて少数派ではないだろうか。僕は今、このエントリーを書くのにパソコンの物理キーボードでローマ字入力を利用しているし、『2008年にiPhoneが採用したことで広まったフリック入力だが、日本語入力にとって便利というガラパゴスな機能』なんて話をするなら、かな入力こそガラパゴスでしょうに。

ちなみに、QWERTYキーボードというのは、キーボードの「A」キーの左上にある「Q」から右へと順番にキーを押していくとQWERTYになる配列のやつを指している。タイプライターの時代に入力速度を遅くするために開発されたらしい……と、書いてからググってみたら、どうもデマらしいということがわかった。危うくデマを拡散させるところだったよ。
タイプライターを巡るデマと19世紀末のメディア産業 | Base Views

ダイヤテックのFILCOキーボードMajestouchのキーを外して掃除した

ゴールデンウィークを満喫していらっしゃる方々および、勤労に励む労働者の皆様こんにちは。

今日は、前々からやらなくちゃやらなくちゃと思いながら先延ばしにしてきた「キーボードの掃除」を実行することにしました。

3年ほど前に調子の悪くなったキーボードを買い換えようとPC DEPOTへ足を運んだのですが、そこでキーボードの試し打ちができるコーナーがあったので色々な商品をさわっていると、明らかにタイプ感の違うキーボードを発見しました。それがダイヤテックのMajestouch FKB108M/NBという代物。記憶が正しければそのときの店頭価格は9000円ほどで、思わず購入をためらってしまう値段でしたが、「ずーっと使い続ければ案外安い買い物になるはず!」と自分に言い聞かせ、思い切って買ってしまうことにしました。

3年も使い続けていれば当然のように埃まみれになるわけで、いい加減掃除をしなくちゃいけないと思い、Amazonでキーボードのキーを引っこ抜くための道具「KeyPuller FKP01」を購入。

kbc_001

上の写真がそのキーボードのキーを引っこ抜く道具。キーボードと同じブランドの商品です。

 

kbc_002

使い方はと言うと、先についている金具を指で拡げて、キーに差し込みます。

 

kbc_003

奥まで差し込んだら、そこから少しひねりを加えてキーの隅っこに引っかけて……

 

kbc_004

 

引っこ抜く!

スペースキーや左Shiftキーに関しては中が金具で取り付けてあり、上の方補では取り外せなませんでしたが、キーを少し浮かせてから、中の金具部分をマイナスドライバーで拡げながらやるとうまくはずくことができました。

 

kbc_005

そうやって全てのキーを外した写真がこちら……なんですが、あまりにも汚かったのでモザイクをかけて自主規制。

 

kbc_006

埃をほうきであらかた取り除いてからしめらした綿棒で綺麗にします。

 

kbc_007

キーは水で薄めた台所用洗剤の中にどばどばと流し入れてじゃぶじゃぶと洗い、乾かす。

kbc_008

 

乾いたキーを先ほどの掃除した本体側に取り付けたら掃除完了。結構綺麗になるもんですね!

今日、キーボードの掃除をしてみて一番苦労したのは、「矢印キーの配置」でした。
キーはめてるうちに気がついたんですけど、指を起きやすくするために手前側面からキーを見るとUの字になっているんですよね。それを頼りにキーをはめていけば良いんですが、ここで一番ややこしいのが、矢印キーとバックスペースキーのデザインが似ていることなんです。同じ←(左矢印)じゃないですか! ややこしい! しっくりくるまで何度も何度もはめ直しちゃいましたよ。

もしキーボードの掃除に取り組もうという人がいたらバックスペースキーと矢印キーには注意したほうが良いかもしれませんね。ややこしいんで。

 

あまり関係ないけど、最近発売された下のコンパクトキーボードが欲しい。テンキーレスよりもコンパクトでマウスを近くで操作できるから、絶対に疲れにくいと思うんだよね。