カテゴリー別アーカイブ: 食事

料理はマナーを気にせず、好きに並べよう

タレントの木下優樹菜さんが、インスタグラムに料理の写真を投稿した際、左側に汁物、右側にご飯を配置していたらしく、それが一部の人たちから「マナー違反だ」という、いちゃもんがついたという出来事があったらしい。

左大臣やら右大臣やらがうんたらかんたらで、左ご飯の右汁物がマナーだとか一般常識だとかいうことは、僕も小学生の頃から知ってはいたけど、正直、そんなどうでも良い習慣を守る必要はないと思ってる。
マナーがどうたらこうたらという話に興味はわかなかったんだけど、「左に汁物、右にご飯の配置のほうが食べやすい」という他の人の意見だけは、少し気になってしまった。というのも僕は、ご飯は左側に配置したほうが食べやいと感じるからだ。

haizen_01

料理の配置……っていうか、配膳マナーはたぶん上のとおりだと思うんだけど、この配置だとあまり食べやすい問は言えないと僕は思ってる。

ここからは、箸を右手に持ってご飯を食べる前提の話になるけど、日本では食器を手で持ち上げて食べる行為はマナー違反にならない。上の画像のうち、手で持ち上げることのある品は、ご飯と汁物の2つだ。この2つは、左手で持ち上げるので、なるべく左側の配置が好ましい。

まずは、汁物について。
上のような配置では、汁物を左手で持ち上げようとすると、その左側に置かれているご飯が邪魔になって、少し取りづらくなってしまう。場合によっては、汁物をこぼしてしまうという状況も考えられるので、汁物の配置は左側のほうが良いと思う。

それを踏まえて、汁物を左・ご版を右に配置すると、今度はご飯を取るときに、汁の入った器に左手を引っ掛けてこぼしてしまうリスクが考えられる。汁物は、他の食品と比べて、こぼしてしまった時の被害が圧倒的に大きい品物だから、なるべく自分から遠ざけた配置にすることで、そのリスクを小さくしたほうが良いだろう。ということで、汁物の配置は、左奥に定まる。そうすると同時に、ご飯は左手前で確定。

次は主菜と副菜。
主菜と副菜とでは、主菜のほうへ箸を伸ばす頻度が高いだろうから、主菜を手前に配置したほうが効率的だ。よって、主菜は右手前、副菜は右奥に定まる。

これらを総合すると、下の画像の配置が、僕の考えるベストな料理の配置になる。ご飯と汁物の配置は、左奥に汁物! これが、これからのスタンダードだ!

haizen_02

 

マナーもへったくれもない配置になってしまったけど、この配置なら、うっかり料理をこぼしてしまうというリスクを減らせるし、効率よく食材に箸を運ぶことができると思う。

配膳とは「食膳を客の前に配ること。料理や箸・茶碗などを食卓に出すこと」とされているので、料理を自分で並べて自分で食べる際には、配膳マナーは適用されない。自分で食べるときには、ぜひとも、この配置をおすすめしたい。絶対に食べやすいから!

昼にも夜にも朝マックを!

q_sausageeggmuffin_l以前のエントリーでも「朝マックをいつでも買えるようにしてほしい」ということを書いたことがあったけど、アメリカでは、10月からにでも、朝マックを終日販売するらしいというウォール・ストリート・ジャーナルの記事。
朝マックの終日販売、全米で10月にも開始か – WSJ

全米とは言わず、ぜひとも、日本でも導入してもらいたい!

上の画像は朝マックメニューの「ソーセージエッグマフィン」で、僕はこれが大好き。売上がずっと右下がりのマクドナルドだけど、もしかしたら、朝マック限定メニューが終日購入できるようすることが、起死回生の一手になるかもしれない。

アメリカではやってるけど、日本はだけは対象外……なんてことはよくある話だが、朝マックに関しては、鶴の一声でどうにでもなるはず! カサノバ社長、どうか……どうかよろしくおねがいします!!

少し美味しいインスタントコーヒーの入れ方

毎日の習慣として、インスタントコーヒーを飲んでしまう僕だが、最近は少しだけ美味しくインスタントコーヒーを淹れる方法がわかったので、ここで紹介しようと思う。

沸騰したばかりのお湯を使い、インスタントコーヒーを淹れると、粉っぽさというか、ざらざらとした感じが残ってしまう。そこで、お湯を冷ます必要があるのだが、そのためには、他の容器(インスタントコーヒーの粉が入っていない空のマグカップなど)に移すことでお湯を冷まし、そのお湯をコーヒーの粉が入ったカップに注ぎいれてつくると、粉っぽさとざらざら感が軽減されて、少しだけ美味しく作ることができる。
もし、熱々の状態で淹れたいのであれば、容器に移すお湯の量を少量にして、コーヒーの粉が入ったカップに注いで粉を溶かし、残りのお湯をカップに注ぎ入れるだけでOK。少し冷めたお湯で一度粉を溶かしてしまえば、後は熱湯を注いでも問題ないっぽい。

試してみて!

缶コーヒーよりもコンビニコーヒー

セブンイレブンのコンビニコーヒー粉とセブンカフェが随分と好調らしく、今年度は累計6億杯を目標としているらしい。
セブン―イレブン、「セブンカフェ」の入れたてコーヒーが快進撃、14年度は6億杯に:日刊工業新聞

コンビニコーヒーがこんなにも人気のあるものになった理由はいくつかあるんだろうけど、僕にとっての大きな魅力は下の2つだ。

  • 甘さを抑えられる
  • ミルクなし(ブラック)が飲める

最近の(最近に限ったことではないかも知れないが)缶コーヒーは、「微糖」を名乗っていても、何故か人工甘味料を追加してわざわざ甘くしてくれちゃったものが非常に多い。おそらくメーカーは、砂糖を減らす代わりに人工か魅了を加えることである程度の甘さを確保しようとしているんだろうけど、そんなのを僕は求めていない。僕はただ、あまり甘くないコーヒーが飲みたいだけだ。その点、コンビニコーヒーなら、砂糖の量を加減できるので、真の微糖が楽しめる!

そして、缶コーヒーからコンビニコーヒーへ移った2つ目の理由「ミルクなし(ブラック)が飲める」も、微糖の缶コーヒーと似ている。

どうしてなのかわからないが、砂糖あり・ミルクなしの缶コーヒーがほとんどない。ミルクなしを選ぼうとすると、ブラック無糖以外に選択肢がほとんどないのが現状だ。ボトルコーヒーでは定番なのに、なぜ缶コーヒーとなるとこうも少なくなってしまうのかは本当に謎だ。けれども、この問題をコンビニコーヒーは簡単に解消してくれる。ミルクを入れなければいいだけなのだから!

ついでだから書いちゃうけど、コーヒーのブラックは「砂糖・ミルクなし」の意味だと勘違いしている人がいるが、それは間違い。ブラックはコーヒーの色を指していて、ミルクを入れていないことを意味している。だから、砂糖の有無は関係ない。現に、ボトルコーヒーや缶コーヒーでは、「砂糖あり・ミルクなし」のコーヒーを「ブラック・加糖」と表記している。「砂糖・ミルク」なしは「ブラック・無糖」なので、暇があったら缶コーヒーやボトルコーヒーのラベルを見て確認してほしい。

 

スジャータのシェフのカレーがなかなかに美味しい

「ゴールデンウィークもいよいよ後半」というひともいれば「明日からがゴールデンウィーク」という人もいるかもしれない。どちらであろうとも、家事を担当している主婦から見てみれば、普段はいるはずのない時間帯にも旦那と顔を合わせなくちゃならない上、朝昼晩の3食を用意するのが大変なことに変わりはない。

そんな食事の用意の手間を大幅に低減してくれるものとして、レトルトカレーは誰もが思い浮かべるだろうと思う。そんなレトルトカレーだけれど、この間近くのドラッグストアで購入して食べた『スジャータ シェフのカレー辛口 〜とうがらしのスパイシーソース〜』が価格の割に美味しかったので紹介したい。スジャータ シェフのカレー

このスジャータのレトルトカレー。じゃがいもや肉の大きさがレトルトの割にしっかりとしていて、しっかりとした噛みごたえを与えてくれる。そして、ルーのほうはというと、結構まったりとした滑らかな口当たり。小麦でとろみをつけたあとのカレーをお球でよくかき混ぜると滑らかな口当たりになるんだけど、このレトルトカレーの滑らかな口当たりは、そのとろみとおんなじ感じなので、好みが分かれるかもしれない。

スジャータ シェフのカレーは、僕が買った4食パックはだいたい300円だった。スジャータのWebページを見てみるとこのシリーズは甘口・中辛・辛口・激辛の4種類あるらしい。ゴールデンウィーク残り4日間は、このカレーを飽きが来ないよう「甘口・中辛・辛口・激辛」の順番で旦那に出してあげて、家事の効率アップを図ってみてはいかがでしょう?

栄養成分表のナトリウム量から食塩相当量を簡単に計算して求める

 

昨日のブログに登場したカルビーの「フルグラ」だが、また今日も美味しくいただいてしまった。

そのフルグラを食べながら何の気なしにパッケージの裏側に書かれている栄養成分の表を見ていたら栄養成分とは別に「食塩相当量」が表示されていることに気がついた。

この「食塩相当量」だが、簡単な計算で求められるということをご存じだろうか? この計算方法を知っていれば、パッケージに食塩量が表示されていなくても簡単に計算して、おおよその量を知ることができる。

具体的な計算方法は以下の通り。

 

食塩相当量はナトリウムの2.54倍

カルビーの「フルグラ」を例に挙げる。

フルグラの栄養成分のうちナトリウムの項目を見ると 91mg と書かれている。食塩の重さはナトリウムの重さのおよそ2.54倍だから食塩相当量は

91mg × 2.54 = 231.14(mg

となる。mg(ミリグラム)を g(グラム)表示にしたければ1000で割るだけで良いんだからとっても簡単でしょ?

 

どうして2.54倍なのか

さて、「なぜ食塩はナトリウムの2.54倍になるのか?」を簡単に説明使用と思うのだけど、その前に下の元素周期表を見てほしい。

元素の周期表キッズサイエンティスト【周期表】」より

原子番号11のナトリウム (Na) と、原子番号17の塩素 (Cl) の原子量はそれぞれ
Na = 22.99Cl = 35.45
となっている(原子量とはざっくりいうと、それぞれの原子の平均的な重さみたいなもの)。

私たちが知りたいのは食塩(塩化ナトリウム (NaCl))の重さ・量なので、塩化ナトリウムの重さはナトリウムと塩素の原子量を合計した
NaCl = 22.99 + 35.45 = 58.44
になる。

これで食塩(塩化ナトリウム)とナトリウムの重さの比率が求められる。
Na : NaCl = 22.99 : 58.44 ≒ 1 : 2.54

上のようにナトリウムと食塩の重さの比率は 1 : 2.54 になるので、食品の中にナトリウムが 1g ( =1000mg) 入っている場合、それを食塩に換算すると 2.54g になる、というわけ。

 

簡単でしょ?

 

フルーツグラノーラ商品の当たり外れ

僕はコーンフレークが大好き。
調理時間はゼロだし、暑い夏でも手軽に食べられるところがもう最高! だから、ここ最近はコーンフレークばかり食べてしまい、家にストックしておいてあるものがすぐに底をつきてしまった。

仕方がないので近所に新しくできたイオンへ、コーンフレークを買うために足を運んだところ、「フルーツグラノーラ」というドライフルーツの入った少し値段が高めのシリアルを発見した。その時点で僕は、「グラノーラ = シリアル = コーンフレーク」だと思い込んでいたので、その商品を迷うことなく購入してしまった。

間違いに気がついたのは、封を開けてからだった。

食べてみたが、はっきり言って美味しくない。我慢してそれを食べながらタブレットでフルーツグラノーラについて検索したところ、それはコーンフレークと同じシリアルの一種ではあるものの、原料がまるっきり違う製品であることがわかった。(下の画像はその商品)

トップバリュ フルーツグラノーラ

そしてほぼ同時期。母が「これ、安かったからいっぱい買って来ちゃった (* ̄∇ ̄*)」といってカルビーの「フルグラ」を買ってきていた……

カルビー フルグラ「フルーツグラノーラ = まずい!」
僕の頭の中ではそんな図式ができあがっていたが、パッケージには「売り上げ No. 1」の文字がある。「美味しいかどうかは食べてみないとわからない」ということで、とりあえず食べてみた。

美味しい!

正直、コーンフレークのほうが食べ慣れていることもあってか美味しく感じられるけど、イオンのトップバリュ「フルーツグラノーラ」のまずさとは比べものにならないほどに美味しかった。

単一の商品だけを試して、全体を知った気になってはいけない。そんなことを思い知らされたフルーツグラノーラ事件でした。

 

 

昨日は雨だったので、ジョギングは休み。
今日はちゃんと5kmくらい走ったのに、スマートフォンのsdカードが認識されなくなってしまうという不具合のため、3.8kmしか走ってないことになってしまった。

 

マクドナルドは朝マックの時間帯にもレギュラーメニューを買えるようにしろ!

マクドナルド ビッグマック

マクドナルドで「フリーマンデー」のキャンペーンが、また実施されるらしいですね。9年ぶりの減収減益からの挽回を狙ったテコ入れなんでしょうか。

マクドナルドで月曜朝に「ソーセージマフィン」など無料! -好評で期間延長 | ライフ | マイナビニュース

日本マクドナルドは2月11日、18日、25日、3月4日、11日、「ソーセージマフィン」と「ハッシュポテト」が各日1商品無料になる「フリーマンデー」キャンペーンを全国の「マクドナルド」朝マック実施約2,200店舗で行う。

そんなことより。
僕は「ソーセージエッグマフィン」が大好きなんですけど、それ以外の朝マックメニューで食べたいと思うものがこれといってないんですよね。ですから、なかなか朝のマクドナルドへ足を運ぼうという気持ちが生まれないんですよ。
ソーセージエッグマフィンがなかったらもう、朝のマクドナルドへ行く理由なんてコーヒー意外に見つからないですよ。

それもこれも、朝マックの時間帯にチーズバーガービッグマックなどのレギュラーメニューが販売されていないのがいけないんです!

朝マックの時間帯(〜朝10:30)に購入できるメニューをブレックファストメニューだけに絞ることで、混雑時にも効率的な店舗運営を実現できるのでしょうけど、そんなのは知ったこっちゃない! 僕は朝でもチーズバーガーが食べたいんだ!

百歩譲って、混雑するであろう平日朝のメニュー絞り込みは認めましょう。でも、休日の朝までブレックファストメニューに絞る必要はないじゃないですか! って言うか逆に、休日は昼にも朝マックを食べられるようにして欲しいです。休日の朝は遅いんですから、昼に朝マックを食べるくらいが丁度良いに決まってます!

 

原田社長! 検討してくれませんか?