カテゴリー別アーカイブ: 音楽

同じ曲ならハイレゾのほうが高音質に聞こえるものもあるらしい

Audacityというフリーのサウンド編集ソフトで遊んでいたら、「クリッピングノイズを表示する」という機能があることに気がついたんで、その機能を使っていろんな曲の波形を確認してみた。音圧が高くてひどい音だと感じていたものではだいたい、クリッピングノイズを確認できた。

下の画像の赤い部分が、全部クリッピングノイズの発生しているところ。結構ひどい……

audacity_01

SATURDAY 〜ROCK’N’ROLL BEST OF YUTAKA OZAKI』より『十七歳の地図』

んで、この波形を見ていたら、「ハイレゾもこんなクソ音質だったりするのかな?」と思い、検索してみたら『とまブロ!: ハイレゾ音源の実態と潜むニセレゾ。見直すべきCD。ハイレゾに踊らされていませんか?【音源編】』というページが見つかり、同じ曲でもハイレゾとCDは波形からして音が大きく違うことを知った。

詳しいことはリンク先のページに書かれているので読んでみてほしい。ものによるんだろうけど、CDに収録されている音楽は音圧を過度に上げてマスタリングされていて、ハイレゾ配信されているほうはちゃんとした音質であるらしい。

量子化ビット数が16bitから24bitに上がるとダイナミックレンジが96dBから144dBに上がるわけだけど、J-POPなんかだと最初から最後までジャンジャカ鳴らしているものばかりで、ダイナミックレンジなんて大した問題にならない。だから、ちゃんとマスタリングしてあれば、基本的にハイレゾとの違いに気がつかないだろうと思う。(サンプリング周波数の違いについては、超音波が聞こえる人以外には問題にならないから、ここでは無視)。

CDに収録する楽曲は、音龍を上げれば宣伝に有利になるからといっても、音質を悪くしてまでやる必要はないように感じる……っていうか、音楽配信の時代にCDを購入してくれる貴重な消費者を馬鹿にしすぎているようにも思える。そう考えるとむかいつてくるね。CDの音質にこだわって作ってほしいな。

小柳ルミ子の「瀬戸の花嫁」と「宇宙戦艦ヤマト」の歌詞を入れ替えた動画がおもしろい

去年の夏以降、映画「男はつらいよ」シリーズのDVDを借りては返却を繰り返し、そして先週の日曜、ついに、最後の作品となる48作目「男はつらいよ 寅次郎紅の花」を見終わった!

この映画の46作目「男はつらいよ 寅次郎の縁談」では、香川県を舞台に話が展開されていく。その香川県から地元である東京柴又のとらやに帰ってきた寅次郎が、作品中で香川県のご当地ソング「瀬戸の花嫁」を口ずさんでいた。

家族で「瀬戸の花嫁の詞は最高だな!」なんて話をしながら映画を見ている最中、僕は何かおもしろい情報はないものかと、Wikipediaで瀬戸の花嫁の項目を読んでいた。そして、おもしろい情報はすぐに見つかった。

瀬戸の花嫁 – Wikipedia
この歌の歌詞を、宇宙戦艦ヤマトの主題歌のメロディに合わせて歌う事も出来る。(勿論、逆にこの曲のメロディに合わせて、宇宙戦艦ヤマトの歌詞を歌う事も出来る。)

なんと! 瀬戸の花嫁と宇宙戦艦ヤマトの歌詞が、同程度の文字数で構成されているので、これらの歌詞・メロディを入れ替えて、それぞれ歌うことができるらしい。

早速、Googleで「瀬戸の花嫁 宇宙戦艦ヤマト」で検索したら一瞬で見つかったのが、下のYouTube動画。

歌詞:瀬戸の花嫁
伴奏:宇宙戦艦ヤマト

 

歌詞:宇宙戦艦ヤマト
伴奏:瀬戸の花嫁

あのヤマハが開発したボーかロイド「初音ミク」の関係者らしい「鏡音リン」に、それぞれの歌詞を入れ替えたものを歌わせたのが上の動画。これがかなりおもしろい! 僕のお気に入りは、瀬戸の花嫁のメロディに宇宙戦艦ヤマトの詞をのせたほうのやつで、一度聞いたら、ほのぼのとした曲調と熱い男の歌のミスマッチさにはまることは間違いないと思う。必聴!

 

AKB48 ロゴ

すべてが「エ」ではじまるAKB48姉妹ユニットの販売戦略

僕がたまに読む本といったらはだいたいITや経済のジャンルであることが多いのだけど、たまには小説にでも手を出してみようと、今日は近所にある古本屋のブックオフへ出かけた。今までに読んだ小説は夏目漱石の『坊ちゃん』と『こころ』の2冊だけだったので、今日105円で買ってきた劇団ひとり『陰日向に咲く』は人生で3冊目の小説になる。以前からタイトルのセンスが良いと思い気になっていたこの『陰日向に咲く』だが、今日書こうと思っているブログはこの本に関してではなく、先日AKB48 32ndシングル選抜総選挙が行われたあの国民的アイドルAKB48についてだ。

知ってのとおりブックオフで取り扱っているのは古本だけではない。CDやDVD・ゲームまで幅広く取り扱っている。そのブックオフに本を買うついでに僕は前々から、CRぱちんこAKB48に使われている楽曲「涙に沈む太陽」がほしいと思っていたので、もしお店においてあれば一緒に買ってしまおうとCDコーナーに立ち寄った。結局お目当てのCDはなかったのだが、陳列されているAKB48関連CDを見ていてあることに気がついた。

 

AKB48の姉妹ユニットが同じコーナーにある!

姉妹プロジェクト
2008年夏には、名古屋市・栄を拠点とする姉妹ユニット「SKE48」が、2009年夏には、AKB48劇場を本拠地とする第二のグループとして20歳以上のメンバーのみを集めた姉妹ユニット「SDN48」(2012年3月に当時の所属メンバー全員が卒業)が、2010年秋には、大阪市・難波を拠点とする姉妹ユニット「NMB48」が、2011年秋には福岡市を拠点とする姉妹ユニット「HKT48」がそれぞれ誕生している。なお、その他の都市でグループを作ることも構想段階として発表されており、その中で秋元康は札幌市に新たな姉妹ユニットを作ることを示唆している[92](しかし2013年1月現在、関東以北への具体的進出はない)。また、日本国外でも2011年にインドネシア・ジャカルタに「JKT48」、2012年には中国・上海に「SNH48」[93]が誕生。さらに台湾・台北に「TPE48」[94]を結成することが発表されている。
Wikipedia より

Wikipediaを見てみるとAKB48の姉妹プロジェクトはいくつかあるようだが、そのうち国内で活動している(いた)のは以下の4グループらしい。

  • SKE48 (SaKaE: 名古屋市中区栄)
  • SDN48 (SaturDay Night: 毎週土曜公演)
  • NMB48 (NaMBa: 大阪市中央区難波)
  • HKT48 (HaKaTa: 福岡・博多)

さて、SKE48や、過去の彼氏騒動から博多に左遷されるも見事総選挙1位に輝いた指原莉乃所属のSKE48などは、ただ地域名をもじってアルファベットに変換したただけにのように見えるが、すぐにこれらAKB48を含むすべては「エ」ではじまることに気がつくだろう(といっても僕は今日まで気がつかなかった)。

  • AKB48: ー・ケー・ビー
  • SKE48: ス・ケー・イー
  • SDN48: ス・ディー・エヌ
  • NMB48: ヌ・エム・ビー
  • HKT48: イチ・ケー・ティー

CDコーナーでは邦楽アーティストは基本的にアルファベット順ではなく五十音順に並べられる。AKB48やその姉妹ユニットはアルファベットの並びこそばらばらだが、五十音で整理するとすべてのユニットが「エ」ではじまるため、店頭で陳列されたときにCDをほとんど一カ所に集中させることができるのだ。

さすがは秋元康!
店頭での陳列を考慮してユニット名を考慮していたなんて!(世間では当たり前なのかもしれないけど)。こういうことにまで気を回して一所懸命商売をしているからこそ、国民的アイドルにまで上り詰めることができたのかもしれない。秋元氏のビジネスセンスにはただただ脱帽させられる。

今日はそんな驚きをブックオフで体験できてちょっとおもしろかった。