カテゴリー別アーカイブ: 生活

屋根裏の換気扇とともに夏を乗り切る

6月も下旬になると、じっとしていても汗をかかないなんて日が少なくなってきますね。
我が家では、暑さ対策の一環として、屋根裏に換気扇を取り付けて、熱を外に逃がしてしまうという工事をしました。父と弟が!

まず、どうやって屋根裏に登るのかというと……グルニエにどんと穴を開けて、屋根裏に直接行き来できるようにしたんですよ。
ってか、僕はこの日まで、屋根裏部屋のが『グルニエ』と呼ばれてることを知りませんでした。

グルニエとは?グルニエの意味を調べる|不動産用語集【HOME’S】
グルニエは屋根裏を利用した収納スペースのことをさします。

attic_01

これが屋根裏部屋(グルニエ)に続く階段。普段は天井内に収納されていて、フック状?担った棒を引っ掛けて、必要なときに引き出します。登って行くと「ギ ギ  ギ   ギ  ギギギ」って感じで結構うるさいの!

attic_02

で、これが開けた穴。
グルニエ内の照明はここでつけられるよう、スイッチとコンセントを新たに設置した。
attic_03

で、これが取り付けた換気扇。

attic_04

換気扇にダクトをつなげて、はじめから開いていた換気口につなげておしまい。

換気扇のスイッチは、設置前にグルニエ内の照明スイッチだっところの配線を利用したので、上に上がらずとも、下の部屋からON/OFFを切り替えられる。

んで、実際に効果はあるのかというと……あるような、気がする…………。

昼間、僕の部屋が、家で一番熱くなるんだけど、部屋に入ったときの『ムワッ』とした感じが大きく減った……ような気がする! あと、外気温が30度を超えるような日でも、扇風機一つで問題なく乗りきれるようになっているのは大きな違いなので、間違いなく効果はある気がする!

 

GoogleでログインしたPocketとFeedlyを連携させるための備忘録

FeedlyのスマートフォンアプリとPocketを連携させると結構便利なんだけど、GoogleアカウントでPocketにログインすると、Pocketアカウントのユーザー名とパスワードが発行されないため、Feedlyのアプリから連携させることができない。

pocket_00

どうした良いものかと少しばかり悩んだけど、とりあえず、Pocketでログインして、「パスワードの変更」からパスワードをリセットをしてみたところ、無事、パスワードが発行された。

pocket_01

pocket_02
その後は、ユーザー名の変更をして、最後に、FeedlyからPocketのユーザー名とパスワードを入力して連携させればおしまい。

青白い光で虫をバチバチッと退治する「電撃殺虫器」

蚊が鬱陶しくなってきてからひと月はたったであろう、今日このごろ。近所のホームセンターで「電撃殺虫器」なるものが1,980円で販売されていた。光で虫を誘い込んで電気てバチバチッとやるアレだ。今、手元には、それが2つある。

電源コードをコンセントに差しこむだけで点灯・稼働するというシンプルな構造で、説明書なんて読まなくても簡単に使えるのが魅力的だ。少し眩しいくらいに青白く光るその姿は、これからの活躍を期待させてくれる。

電撃殺虫器

 

ところが。
まる一日使用してみて気がついたんだけど、どうも効果が感じられない。蚊は、相変わらず耳元にやってきては「ぷ〜ん」と羽音を立てて、僕を挑発してくる。

使い方が悪かったのかと、軽く眺めていただけの説明書を読んでみると、驚くことが書かれていた。

  • 本器は虫が好む波長の光を点灯し、周囲にいる虫を集め電撃格子に虫を接触させ、ショック死させる方式のものです。
  • 光を好まない虫、(蚊など)には効果がありません。予めご了承ください。

(蚊など)には効果がありません
はあああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!???? 蚊には聞かないのかよおおおおおぉぉぉぉ

 

たしかに、パッケージには、「光に集まる害虫・蛾・コバエなどを一撃!!」とは書かれているが、かを殺せるという内容は一切書かれていない。

よくよく考えてみれば、蚊は、人間の吐き出す二酸化炭素に反応して近づいてくるのであって、光によってくるわけではない。だから、かを光で寄せ付けて退治するという発想が、そもそも間違っていたのだ。

 

ってことで、この電源器殺虫器は、台所の近くにおいて、コバエを退治するために利用しようと思う。天井からぶら下げるはえとりリボンの効果が、家では今ひとつだったんで、この電撃殺虫器には、ぜひとも期待したい。

 


 

追記:何日か使用してみると、コバエや小さな我のような虫を退治するのを確認できた。結構いい感じ。

     

住所を英語で入力するためのサービスがイカす!

judress_icon

海外の通販サイトから買い物をするとき、書かれる内容を理解するだけならGoogle Chromeの翻訳機能を利用すればいいんだけど、少し頭を悩ませるのが、住所入力。

中学校の授業で習った記憶はあるんだけど、正直、内容に関してはさっぱり覚えてない。書き方を教えてくれるサイトを見ても、自分の書き方であっているのか、自信が持てなかったりする。

そこで役に立つのがここのサイトJuDress | 住所→Address変換

郵便番号を入力して「住所検索」をクリックすれば、自動である程度までの住所を入力してくれるので、残りの住所を補完したら、「実用的に変換」をクリック。

あとは、下に表示された英語の住所を、コピーしてフォームに入力すればいい。
簡単!

JuDress – Google Play の Android アプリ

Androidアプリもあるみたい。

スマホにシールを貼って痴漢を減らす

埼玉県警が痴漢防止シールを開発したというニュース。
痴漢やめて「×」シール、相手に印も 埼玉県警が考案:朝日新聞デジタル

使い方は、携帯電話にそのシールを貼り付けて、痴漢行為をしている相手にシールを見せて警告。それでもやめる気配がなければ、2枚重ねになっている部分を剥がして、バツじるしのシールを相手に貼り付ける……と、かなり高難度のアイテムとなっている。

お店においてある、オレンジ色のカラーボールっぽいアイディアのこのシールだけど、正直、流行ることはなさそうな印象。そんなのよりも、僕は男なんで、このシールが決め手となって、痴漢冤罪が怒らないかどうか問うことを心配してしまう。

そもそも、痴漢の冤罪が起こるのは、女性の証言だけを証拠とし、犯罪の有無を判断しようとするから起こるので、指紋を判断材料に加えれば、冤罪はぐっと少なくなるのでないかと思う。

時代は今や2015年。5年後には2度めの東京オリンピックが開催されようとしているくらいに、時代は進んでいる。当然、衣服はもちろん皮膚からも指紋を採取することが可能だ。

皮膚からも指紋を検出 香川県警が手法開発
 香川県警鑑識課と科学捜査研究所は、犯人がつかんだ人の首や腕などから指紋を検出できる新しい技術を開発、実用化に向けて実験を重ねている。被害者に直接触る性犯罪などの捜査に効果を発揮しそうだ。

布から指紋、女性警官らが新技術 常識覆す  :日本経済新聞
 犯罪捜査の有力な手掛かりとなる指紋を布から採取する技術を、静岡県警掛川署のベテランと若手女性のコンビが開発した。織りの凹凸があり「指紋は出ない」が捜査員の常識だった。痴漢や強制わいせつ事件の立証で威力を発揮するだけでなく、抑止にも効果が期待できそうだ。

うっかり女性のおしりを撫で回してしまったり、たまたまパンツの中に手が侵入すると行ったハプニングが、頻繁に起こることはないので、指紋は有効な判断材料になると思う。衣服や皮膚からの指紋採取にはある程度のコストがかかるのかもしれないけど、「指紋が証拠として残る」という認識が世間に広まれば、痴漢行為そのものを抑制することができるかもしれない。ぜひ、導入してもらいたい。

ティッシュを短くして量を増やす、という発想

 

アベノミクスとかいって人為的なインフレを発生させるために、大規模な金融緩和をしてくれたおかげで、日本は短期間で大幅な円安となった。そのおかげで、今年に入ってから続々と値上げされる商品が発表されている。原油価格の下落が続いているため、物価上昇は限定的になって入るものの、庶民にとっては値上のニュースはあまり嬉しくない。

そんな中、我が家が定期的にティッシュを購入しているジョイフル本田では昨年末、何故かティッシュが値下げ販売されていたので、とても驚かされた。以前は、200組(400枚)の6パックセットが298円だったのが、据置価格で7パックに増えていたのだ。

一体どういったマジックを使ったらそんな値下げができるのかと疑問に思ったのもつかの間、ティッシュを手にとって見ればすぐにタネが理解できた。
新旧ティッシュ

そう。写真を見ればわかるとおり、長さが短くなっていたのだ。
ティッシュを広げたとき

中身を取り出して並べてみた。
ティッシュ 拡大長さがおよそ21cmから18cmへと3cmほど短くなっている。

さて、消費者として気になるのは「実際に値下げされているのか?」ということだと思う。僕も気になった。そこで簡単に計算してみる。

新ティッシュは長さ18cmの7パックセット。
旧ティッシュは長さ21cmの6パックセット。

18 × 7 = 21 × 6

となるので、使われているティッシュの量に変化はないということがわかる。つまり、値下げはされていないのだ! これは賢い!

普通にティッシュで鼻をかむときには、大抵の場合、紙の端の方を余らせて使用しているだろうと思う。であれば、実際に使用できる紙の枚数が増加している新ティッシュのほうが、間違いなくお得だろう。この戦略は、値段を据え置くために細くしているちくわなんかとは比べ物にならないくらい素晴らしい発想だ。

ジョイフル本田、なかなかやるな!

 

静電気に備え、服の組みあわせを考える

乾燥する冬の悩みの種「静電気」。ヘッドホンをつけて音楽を聞いていると、耳のそばにあるスピーカー部分から、ビリビリという音を出しながら放電することがよくある。痛い。

汗を書きやすい人は水分をとおして放電することができるので、比較的静電気がたまらないらしいのだけれど、冬は寒いから汗なんてかかない! だから、静電気対策としてできることといえば『洋服の組み合わせを工夫する』ということぐらい。

一般的には、ポリエステルやナイロン、ウールなどは比較的帯電しやすい素材なので、これらをなるべく着ないようにするといいようだ。一方で、綿や麻のように吸水性の高い素材は帯電しにくい。

静電気対策・衣服の着合せを考える』のページでは、帯電しにくい服の素材の組み合わせをまとめた内容がかかれている。なるべく近い素材を組み合わせることで、帯電率が低くなり、静電気が発生しにくくなるとのこと。

seidenki僕がよく着るポリエステルのジャージは、綿と組み合わせて切ることが多いのだが、そもそも『皮膚』との相性があまり良くないようなので、ジャージを肌に直接着ても、静電気は避けられそうにないみたい。

この図を見ると、ジャージを着ながら膝に毛布をかけてヘッドホンで音楽を聴くというのは、自殺行為であるということがよくわかる。皮膚にも帯電することがある以上、室内で最も有効な静電気対策は、加湿なのかもしれない。乾燥ししてさえいなければ問題ないんだしね。

認知症の祖母とGPS見守りサービス

先週、認知症を患っている祖母が早朝に、自宅を飛び出して徘徊し、家から数km離れたところで転んでいるところを保護され、救急車で送ってもらったという出来事があった。祖母は、住所を答えることができなかったようなのだが、幸運にも自分の名前を答えることができたらしく、無事、家へ帰ってくることができたのだった。消防の方々にはとても感謝している。

それで、行方不明になっている最中には、『大阪で91歳の認知症の男性が電車にはねられ、その後、JRに賠償請求される』というニュースを思い出し、嫌らしい話だが、祖母の心配と同時にお金の心配をしてしまっていた。
NHK NEWS WEB 鉄道会社から賠償請求 そのとき家族は

そういったリスクを考慮すると、GPSで位置情報を確認できるサービスを利用するのが無難なんだろうと思うのだが、やはり、GPSロガーと違って、見守りサービスは通信するために毎月、一定額を支払う必要があるのが少し気になってしまう。

例えば、セコムの見守りサービス『ココセコム』では、1月目の費用が7400円で、それ以降は毎月900円が必要らしい。900円といったら、だいたいMVNO SIMの月額費用と同じくらいなので、費用としてはかなり良心的なのかもしれない。
シニアや高齢者の方を見守るセコムの【ココセコム】|GPSによる外出時の防犯・安全管理、車・バイクの盗難対策に

ほかにも、ソフトバンクのみまもりGPSなるものもあり、こちらは月々924円で、2年契約だと467円になるみたい。安い。
みまもりGPS 201Z | みまもりGPS | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

高齢者の7人に1理が認知症になっている日本では、たとえ身近に認知症になってしまった人がいなくても、あらかじめ、こういうサービスがあるということを知っておいても損はないだろう。政府広報オンラインでは、認知症についてわかりやすく解説されているので、暇があったら読んでみてほしい。
もし、家族や自分が認知症になったら 知っておきたい認知症のキホン:政府広報オンライン

Amazonよりも便利なヨドバシ.com

ヨドバシ.comでは今年中に生鮮食品の販売を開始するそうで、ずいぶんとひきこもりにやさしい世界になっていくみたい。
攻めるヨドバシ、総合小売業目指し巨額投資の成算 ネット通販拡大、旗艦店建て替え… | ビジネスジャーナル

つい最近、ヨドバシ.comで蛍光灯をまとめ買いしたんだけど、ほぼ同時に別の商品をAmazonで注文した商品よりも早く、ヨドバシからの商品が到着したんで、かなり驚かされてしまった。注文が夜の10時頃で、日付が変わって深夜の1時に注文した確定し、早朝に発送。それから夕方には日通のおじさんが大きな箱を抱えて、玄関まで届けてきてくれた。

一方のAmazonは、いつもどおり24時間以内の発送で、翌日着だった。

Amazonプライムに入れば即日配送と配達日時指定が可能になるが、ヨドバシのほうはそれらが全部無料で行われるんだから凄すぎ!

あと、Amazonでは最近、一部に「合わせ買い対象商品」なるものがあって、合計金額が2,500円以上になるように購入するか、送料無料の商品と合わせて購入しなければならないものがある。だけど、ヨドバシは全商品が送料無料なんで、細かいことを気にせずに購入することができて、Amazonよりかなり便利だ。Amazonマーケットプレイスがないのもい魅力だね。

ほかにも、楽天と違って税別表示と税込み表示が混在していることがなかったりとか、色々と好感がモテることろがあるけど、とにかく、ヨドバシ.comでの買い物は一度試してみてほしい。サイトも軽いしおすすめだよ。

期間限定ポイントの救世主「Rポイントカード」

楽天イーグルスやヴィッセル神戸が勝利した翌日に楽天市場で買い物するとポイントが2倍・3敗になるキャンペーンがあって、その日を狙って僕はよく買い物するんだけど、そのときにもらえるポイントには有効期限があって、すぐに使わないとポイントが失効してしまう。

いくら購買を煽って利益を出すための戦略だといっても、こうまで頻繁に有効期限が迫ってくると、はっきりいってポイントを使うための買い物面倒になってくる。しかも、期間限定ポイントには何かと制約が多くて、例えば、Edyへポイントを移行すしてチャージできるのは、通常ポイントだけだったりする。

そうして使い道に困っていた期間限定ポイントだけど、今月1日からスタートしたRポイントカードというサービスを利用すれば、期間限定ポイントを実店舗で消費できるらしいということを、遅まきながら知った。
Rポイントカード: 街でも楽天スーパーポイントが貯まる・使える楽天のポイントカード

ってことで、期間限定ポイントの消費に悩んでいる人は、Rポイントカードを作って利用するといいかも。僕は、今日15日に期限を迎えるものが1000ポイントほどあるので、ミスタードーナツにいってポイントを使ってこようと思っている。秋のドーナツ セレクト10とかいうキャンペーンも15日から始まるみたいだし。