カテゴリー別アーカイブ: 写真

去年の鮎と鮭の写真

あけましておめでとうございます。

随分とブログを更新しておらず、何かを書こうと思っても、これといった内容が思い浮かびません。ですから今日は、去年の10月30日家族で、鮎の名所として知られる栃木県茂木町にある『大瀬観光やな』と『筑波山』日帰りで出かけてきたときの写真を載せます。

tkb_1 tkb_2

 

 

『大瀬観光やな』では、鮎を捕まえるための設備である『やな』の設置期間が10月31日までで、ギリギリのところで目にすることが出来ました。

設置された梁へは自由に行き来することができ、そこへいってみると、期待した鮎はおらず、でっかい鮭がうじゃうじゃと転がっていました。梁から革を覗いてみても、至るところに鮭を見ることができます。近くでは、なれた手つきで鮭を何匹も釣り上げるおじさんの姿も。

 

大瀬観光やな

実は、ここへは以前にも一度だけ来たことがあり、その時はゴールデンウィークで人が溢れたいましたが、10月末にもなると、私達の他に1グループがいるだけ。

 

鮭以外にも、10月末にここ『大瀬観光やな』へ来ると良い理由があります。

それは、『鮎が安い』ということ。

tkb_3

上の写真の鮎は全部で700円! 人がごった返すゴールデンウィークでは2〜3匹で700円位だったのが、1匹あたり100円で購入可能です。スーパーで買うよりも安い!

鮎の旬は夏頃らしいのですが、この時期の鮎は鮭と同様にメスは子持ちの『落ち鮎』になるため、夏場とは違った鮎を楽しむことができます。僕はこの子持ちが断然好みです!

ってことで、『大瀬観光やな』への観光は10月末がおすすめ!

 

 

 

tkb_4上の写真は『鎌倉山』頂上。車で頂上まで登れます。

tkb_5

そこから150mの散歩道を進むと見られるのが上の写真の景色。『栃木の景勝百選』に選ばれているとかなんとからしいのですが、そこがどこからの景色なのかわかりませんが、ここから望む景色も綺麗でしたよ。

tkb_6 tkb_7 tkb_8 tkb_9

玉ネギが「玉“ネギ”」と呼ばれるゆえんを知るきっかけとなった写真

安売りしているからといって、使いもしないほど大量の野菜を購入してしまうという経験。身に覚えがある人も多いはず。

我が家にも後先を考えずに馬鹿みたいに野菜を購入してしまう人間が一人いる。

下に載せた画像は、使い切ることのできなかった玉ねぎの写真。

一目見てわかるとおり、先のほうにのびでいる緑の部分はまさしくネギ!

玉ネギ

スーパーではあまり……まったく見かけない玉ねぎの姿を目にしたので、ここで紹介。

 

 

散りゆく桜の写真を3枚だけ

 

 

発達する低気圧による強風で全ての花びらが散ってしまう前に、家の近所にある桜並木を写真に収めてきました。
sakura_2013_001

どのくらいの距離があるのか分かりませんが、ざっと400mくらい続く桜並木。

 

 

sakura_2013_002

 

「今更さくらの写真なんて、ピークすぎてるじゃん」と思われる方が多いと思いますが、僕は満開のさくらよりも散り始めで葉桜になりかけた桜が大好きなんです。だから、今頃が丁度僕ニットってのピークなんですよ!

 

sakura_2013_003時期も時期なんで散歩していたのは僕と初老の夫婦1組だけでした。
途中、その夫婦と「あそこに鯉が居るよ!」「ホントだ!」……なんて会話をしたりして、のほほんとした時間を過ごすことができました。ちなみに、その鯉の写真はありません。悪しからず!

 

 

【写真】茨城県大子町の「袋田の滝」と「生瀬の滝」、常陸太田市の「龍神大吊橋」に行ってきました

前々から家族で見に行こうと話していた茨城県大子町にある袋田の滝へ、ついに行ってきました!
なぜ真冬のこの時期に滝を見に行くことしにしたのかというと、下の画像のように、凍結した滝の様子が見られるであろうことを期待したからです……が、残念ながら、滝は凍結していなかったんですよ! 残念!

Fukuroda-no-takiWikipediaより

さて、ここから下は、そのときに撮影した写真をいくつかピックアップして紹介します!
fukuroda_017

袋田の滝から一番近いところにあるお土産屋さんの「依田屋」。 ここの駐車場に車を止めさせて貰う代わりに、帰りの際、お店でお土産を買うことを約束。
袋田の滝の近くには、このように車を停めさせてくれるお店が沢山あるので、駐車場代の心配をしなく良いというのが魅力ですね。
fukuroda_001

車を停めたところから少し歩くと、袋田の滝トンネル利用料を支払います。大人300円、小人150円。細かい情報は袋田の滝 大子町公式ホームページで確認できます。
fukuroda_002

fukuroda_003

トンネルの中程で見ることができる「袋田の滝」です。本エントリー冒頭で述べたとおり、凍っていません。本当に残念!

fukuroda_004 fukuroda_005

これらの写真はトンネルないに設置されているエレベーターで40m(だったかな?)ほど上に昇ったところから望める滝の様子です。
fukuroda_006

滝を見終わってから少し歩いていると、「生瀬滝まで片道20分」の文字が!

fukuroda_007

そしてふと見上げてみると何とも言えない階段がずーっと続いてるじゃありませんか! これは登るしかない!
fukuroda_008

と言うことで、息を切らしながら階段を登っていきます。
父が途中で意識を失いかけて生死の境をさまよっていましたが、それはまた別の話。
fukuroda_009

道が凍った雪に覆われています。
fukuroda_010

そのまま歩いていると……見えてきましたよ!

fukuroda_013

凍ってますよ! 袋田の滝に比べると随分とスケールが小さいですが、それでも凍結した滝が見られて感無量です! 頑張って登った甲斐があった!

 

fukuroda_012これは、さっきの凍っていた小さな滝の左手に見える滝。
ついでに撮影したものだったのですが、帰宅してからインターネットで検索したところ、どうやらこれこそが「生瀬の滝」だったらしいです。自分はてっきり凍結した小さな滝が生瀬の滝だとばっかり思って……書いておけよバカヤロー!


fukuroda_014 fukuroda_015

なが〜い階段を降りる途中に撮影した写真。
途中で渡った吊り橋があんなに小さく!

fukuroda_016てくてくと歩いて林を抜けてくると……


fukuroda_018

無事、車を停めさせて貰った「依田屋」に到着!
ここで購入した漬け物は全て美味しかったです。おすすめ!
fukuroda_019

 

最後の写真は、帰宅途中に寄った常陸太田市「龍神大吊橋」。舗装工事準備中のため、決して褒められた外装ではなかったので、別の機会に見てみたかったです。
なお、3月1日から3月19日までは舗装工事のため通行止めになるそうなので、もし行こうと思われている方がいたらご注意を!

 おわり!