東京電力の契約を「従量電灯 B」から「半日お得プラン」に変更したら電気代が安くなった!

以前のブログで、東京電力の電気料金契約を「従量電灯 B」から「半日お得プラン」に変更したことを書いた。今回はその結果報告。

 

これまでの契約プランと今の契約プランの電気料金にどれくらいの金額差が発生しているのかを比較するため、今回は東京電力が提供している「電気料金計算サービス」を利用することにした。我が家が契約プランを変更した6月11日から7月9日までの電力使用量は検針票を確認すると

  • 昼間:125kWh(9:00〜21:00)
  • 夜間:135kWh(21:00〜9:00)

の合計260kWhで、契約は6kVA(60A・100V)となっている(契約プラン変更に伴って、従来の契約プラント日割りで計算・合算されるとのことなので、検針票は今、手元にない)。

以上の内容を電気料金計算サービスの画面に入力し、以前の契約プラン(従量電灯 B)と今のプラン(半日お得プラン)の電気料金を比較する。以下がその入力画面と結果の画像。

従量電灯 B 入力画面 半日お得プラン 入力画面 従量電灯 B 電気料金 計算結果 半日お得プラン 電気料金 計算結果

結果は、

  • 従量電灯 B:7,921円
  • 半日お得プラン:7,357円

となり、現契約プランのほうが従来の契約と比べて564円安くなっている。

ひと月にたった500円ぽっちの金額差しか生まれないのであれば、契約プランをわざわざ変更する必要性を感じないかもしれない。けれども、この料金結果は上にも書いたとおり6月11日〜7月9日までの電気料金を比較したものだ。

このブログを書いている今日も35度を超える猛暑日になり、これからのシーズンはまず間違いなく寝苦しい夜が続いてゆく。そうなれば夜間にエアコンをつけて眠る頻度が高まるだろうから、従来の契約プラン「従量電灯 B」と今の「半日お得プラン」との電気料金の差はさらに大きく広がることは確実だ。

極端な例として、前述の電気使用量のうち夜間の使用量を2倍の270kWhとして計算し直した場合を見てみよう。すると電気料金はそれぞれ

従量電灯 B 夜間電力2倍 入力画面 半日お得プラン 夜間電力2倍 入力画面 従量電灯 B 夜間電力2倍 計算結果 半日お得プラン 夜間電力2倍 計算結果

  • 従量電灯 B:11,975円
  • 半日お得プラン:9,291円

なので、その差は2,684円。結構な金額差になる。

けれどもこれは、「昼間の電気使用量が夜間と比べて少ない」ことを前提としたものなので、たとえば夜間の仕事をしていて日中は家で過ごしていることが多いというような家庭では、これとは反対に電気料金が高くなってしまう可能性が十分にある。

東京電力は「カンタン診断! ライフスタイルから選ぶ電気料金メニュー」という電気料金メニュー(契約プラン)の診断ページを用意しているので、電気料金からお得になるかどうかが気になる人は、診断を受けてみるといいかもしれない。

東京電力の契約を「従量電灯 B」から「半日お得プラン」に変更したら電気代が安くなった!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 東京電力の電気料金メニューを「半日お得プラン」に変更した | Tip Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です