個室ビデオ店火災で客の46歳男を逮捕

【個室ビデオ店火災:客の46歳男逮捕 放火殺人容疑 大阪】
大阪市浪速区で1日未明、個室ビデオ店から出火して15人が死亡、10人が重軽傷を負った火災で、大阪府警浪速署捜査本部は1日、東大阪市加納7、無職、小川和弘容疑者(46)を殺人と殺人未遂、現住建造物等放火の疑いで逮捕した。「生きていくのが嫌になった。間違いありません」と容疑を認めている。
 調べでは、小川容疑者は1日午前2時55分ごろ、同区難波中3の雑居ビル「檜(ひのき)ビル」1階のビデオDVD試写室「キャッツなんば店」の個室内で、ティッシュペーパーや持ち込んだキャリーバッグ内の新聞紙などにライターで火をつけ、男性客15人を殺害し、同ビル1階部分約40平方メートルを燃やすなどした疑い。
 店内にいた客が、小川容疑者が出てきた個室から焦げ臭いにおいがしたため、室内を見ると、バッグから炎が上がっていた。通報で駆け付けた警察官が店外の路上で、白い肌着にトランクス姿の小川容疑者を発見。「けがはないか」と尋ねたところ、「ごめんなさい、ごめんなさい」と繰り返し、「たばこに火をつけたらたくさん煙が出ました。死にかかったんですわ」などと震えながら話し、失火をほのめかしたという。
 しかし、その後の捜査本部の調べに、小川容疑者は故意に火をつけたことを認め、「火をつけたら死者が出ることも分かっていた」「煙が充満し、怖くなって逃げた」と供述した。
 店には午前1時半ごろ、友人に連れられて来たといい、友人とみられる男性は火災で負傷し、入院した。
 重軽傷者は32~77歳。捜査本部は死亡者の身元確認を急いでいるが、「免許証を持っていたのは数人。身元確認には時間を要する」としている。
今日の事件を耳にして「秋葉原無差別殺人」とダブらせて考えたのは僕だけでしょうか!? と言うのも、最近増え続けていると言われているニートと呼ばれる人達で、自身では働く気持ちを持ち合わせて居ないとかで・・・・・当然の様に金銭にも困って居るんじゃないかって思うんですが、その中の何割かの人達は社会が悪いから自分の理想とする職に就けないんだって妙な言い掛かりとも思える考えを持ち合わせているって聞いた事がありましたが・・・・・・
世間では半期に一度の決算の締め月と言う事で慌しい中で・・・・・・月替わりの初日、しかも平日にも関わらず深夜の「個室ビデオ店」に集って居た事じたい少々問題かなって思うんですが・・・・・・・
仮に、たまの息抜きと言う事で訪れたのなら兎も角、警察の調べでは無職との発表!? と言う事は、巷で言うネットカフェ難民と同じなのかなって思いきや!? ネットカフェ難民と呼ばれる人達の殆どは何らかの職に就いていて、昔で言うドヤ(やど)代わりに利用しているらしいんで、今回の容疑者の男性には該当しないのかも知れませんけどね!?
それにしても、こう言った雑居ビルの防火体勢ってどうなって居るんでしょうね!? 随分と前ですが、やっぱり新宿の雑居ビルで同様の火災が発生して相当数の死傷者が出たって報道されていましたが、その後・・・・・・一時的な改善命令など下されては居たようでしたが「喉もと過ぎれば熱さ忘れる」って言いますが・・・・・・・
今回も同様に、このビルの持ち主や借主達の側にも責任の一端は十分に有り得そうなので・・・・・・今回もまた似た様な指導や注意と言った事を言われるのかも知れませんが、消防署にこれと言った強力な権限が無いのか分かりませんが、何れにしても消防署からの命令などは痛くも痒くもないって思って居るのか、全国に点在する同様の建物のオーナーや借主達の意識は昔と何ら変わっていないんじゃないかって思うんですけどね!?
総理大臣も新しくなった事なので、思い切って消防署にも警察並みの権限を与えて、言う事を利かない連中には建物の使用の規正若しくは使用禁止と言った措置を取れるくらいに権限を与えても構わないんじゃないでしょうかね・・・・・・
このままだと、忘れた頃に再び似た様な事故や事件が起きてしまうんじゃないかって思うんですけどね!?
深夜の昼間も「個室ビデオ店」を利用した事の無い僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です