輝きの違う女優“深田恭子”

深田恭子が“気合の入った”勝負メイクで登場!  理想の男性像は「白馬の王子様」  女優の深田恭子がメイクアップで功績や成果を残した人に贈られる『第2回ゴールド・メイクアップ賞』のモードファッション部門を受賞し25日、都内で行われた授賞式に出席した。「今日は勝負メイク。気合が入った」というメイクを施した深田は、報道陣から理想の男性像を聞かれ「白馬に乗った王子様がいいかな」と思いを馳せた。
【写真】セクシーさが際立つドレスで登場した深田恭子をサイドから
http://beauty-cdn.oricon.co.jp/news/photo/index.php?n_id=66387&p_id=p00200905250115177001243242369L&seq=1
 ハマリ役となった実写版映画『ヤッターマン』のドロンジョ役をはじめとした、存在感あふれるメイクや演技が称された深田。この日、ピンクのお人形をテーマにしたメルヘンチックなメイクと、背中が大胆に開いたセクシーなピンクのドレスで登場し、会場を魅了していた。
 今後は「ボーイッシュなメイクもしたい」と意気込みを語った深田は、報道陣からデート時のメイクについて聞かれると「デートだからってそんな気合は入れない。普通ですよ」とニッコリ。現在意中の男性はおらず「素敵な王子さまがいたらいいなと思う」と憧れを口にしていた。 【 ORICON STYLE より】
随分と前には素っ気ない雰囲気を醸し出していて今ひとつ近寄りがたい感じでしたが、人間って不思議な物で・・・・・・・ひょんな切っ掛けから妙に親近感を覚えて、気付いたら確実に虜になっていたなんて事も、まぁまぁ有るんじゃないでしょうか!?
そんな風に人事の様に述べちゃっている僕も間違い無く、その中の一人と言えるんですけどね!?
その、ひょんな切っ掛けと言うのが数年前に随分と話題になった映画『下妻物語』ロココ調のファッションに身を固め、想像のレディース“卑弥呼”が乗り移ったかのような最終結末に、ハチャメチャなストーリーにも関わらず中々面白みのあった出来映えに深田恭子演ずる「竜ヶ崎桃子」に年甲斐も無く引き込まれてしまったと言う訳です・・・・・・・いけませんか?
ウィキペディア(Wikipedia)より『下妻物語』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E5%A6%BB%E7%89%A9%E8%AA%9E
YouTude『下妻物語』9分58秒
http://www.youtube.com/watch?v=P5iRzB4fCQE&NR=1#watch-vid-title
ouTude『深田恭子生ドロンジョ』2分2秒
http://www.youtube.com/watch?v=9oppAEGduEw&feature=related#watch-vid-title
そんなこんなで去年の秋から騒がれていた“ドロンジョ様”が今年になって放映・・・・・・興業収益も可成りな物だとかで主役のヤッターマンよりも間違い無く深田恭子演ずる“ドロンジョ様”の方が主役を食っていたのは間違い有りませんね!?
この先も、どう言った女優に変貌するのか楽しみにしている僕のHPです・・・・・・・視ないとお仕置きだべ~っ♪ http://www.total-idea-plan.com

画像
画像
画像
画像

輝きの違う女優“深田恭子”」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 上西小百合の安室奈美恵メイクは本人と似てるか画像で比較!深キョンにも似てる? | ふらふらきままのブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です