無差別トラップで重傷者が・・・・・

【不審な外国人目撃 ロープでミニバイク転倒】 先月、東京・武蔵村山市でミニバイクで走行中の女性が道路に張られたロープに引っかかって転倒し、重傷を負った事件で、現場付近で不審な外国人が目撃されていたことがわかった。
 この事件は、先月13日深夜、武蔵村山市で何者かが道路を横断する形で張ったロープに引っかかり、ミニバイクで帰宅途中の23歳の女性会社員が転倒し頭の骨を折る重傷を負ったもの。ロープは道路の反対側の電柱にくくりつけられていて、警視庁は殺人未遂事件として捜査を進めていたが、その後の調べで、事件前後に現場付近で不審な若い外国人3~4人が目撃されていたことがわかった。
 
 警視庁は、外国人による犯行の可能性があるとみて調べている。 【日テレNEWS24 より】
今から二十数年前にも、この事件と同様の事件が東京都葛飾区にある都立水元公園を併走する形で走る曲がりくねった道路で、何者かが暴走族の騒音に悩まされた為の報復行動と噂をされましたが、犯人の特定の出来ないまま時効成立!?
事件の内容は、速度規制20kmほどの狭い道路にワイヤーを張り走ってきたバイクに危害を加える事が目的だったらしいんですが・・・・・・・結果として、何も知らずに走って来たバイクを運転していた人の首を切り落とすと言った最悪の結果に!?
被害者の方が暴走族だったのかは定かではありませんが、何れにしても間違い無く近所に住む人間の犯行と断定出来そうですが、意外のも当時の管轄の警察署は真剣に犯人捜しをしていなかったんじゃないのかって専らの噂でしたけどね!?
こう言った類の犯罪に手を染めたにも関わらず・・・・・・・当人としては他人に迷惑を掛ける人間に対して報復にとれそうな危害を加えたにも関わらず正義を主張したがる傾向に有るようですけどね!?
数年前に家の近所で路上駐車の車両十数台の車のタイヤに錐(きり)の様な物でパンクをさせると言った事件が2週に渡って起きたんですが、やっぱり警察の方が真剣に捜査をしなかったと言った噂が飛び交って居たんですが・・・・・・・
更なる噂に近くに住む老人の犯行だと言った説も同様に飛び交って居たわけですが、被害者側の人達も違法駐車をしていたと言った負い目があってか、それぞれが事件をぶり返す事も無かったみたいですけどね!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です