Nexus 7に非対応なアプリ「ウェザーニュースタッチ」を強引にインストールする


一昨日の14日にAndroid 4.2にアップデートされたNexus 7、最新のOSをいち早く体験できる利点があるものの、最新であるが故に新OSに非対応なアプリの使用ができないということもありますよね。

僕が毎日の天気を確認するために使用する「ウェザーニュースタッチ」も「お使いの端末はこのバージョンに対応していません。」と表示されて、Play Storeからダウンロードすることができませんでした。

そこで今回は、僕がNexus 7にウェザーニュースタッチを強引にインストールするために行った手順を紹介したいと思います。

 

注意!

作業中にデータが消失したり端末が起動しなくなったりなどの損害に対する責任の一切を負いかねますので、くれぐれも自己責任でお願いいたします。

以下に示す手順はRoot化された端末を前提としています。

 

準備する物


インストールの手順

 

Titanium Backupでバックアップ

ウェザーニュースタッチがインストールされている端末でTitanium Backupを使用してアプリのバックアップをとります。

このとき、次の手順でバックアップファイルをコピーする際にファイルを見つけやすくするため、他のアプリのバックアップファイルを一時的に違うフォルダへ移動しておくことおすすめします。

 

バックアップファイルをNexus 7にコピー

バックアップされたファイルは

/mnt/sdcard/TitaniumBackup

のディレクトリ内に保存されているので、

wni.WeathernewsTouch.jp〜

で始まる3つのファイルをNexus 7の同階層ディレクトリへコピーします。 (TitaniumBackupのフォルダが存在しない場合には、SDカード直下に「TitaniumBackup」の名前でフォルダを作成し、その中にコピーして下さい。)

 

Nexus 7でウェザーニュースタッチをインストール

ここまできたらあとは簡単!

Nexus 7でTitanium Backupを起動してウェザーニュースタッチのアプリを復元(リストア)するだけでおしまい! アプリの復元が完了したら無事にウェザーニュースタッチが起動するか確認します。

僕の環境ではNexus 7でウェザーニュースタッチを無事に起動できたのですが、下の画像のように表示がおかしくなってしまいました。

 

そこで「設定 > 開発者向けオプション」から「GPUレンダリングを使用」

のチェックを外して再度アプリを起動してみると無事、綺麗に表示されるようになりました。ただ、GPUレンダリングを切ってしまうとスクロールががくがくしてしまうので、アプリ側の正式対応まで我慢するしかなさそうです。

 

最後に

Root化していないNexus 7でもウェザーニュースタッチのインストールはできることはできるのですが、Android 4.2にアップグレードした僕の環境では起動時にエラーを起こして終了してしまったので、今回はTitanium Backupを使用してアプリのデータを復元する方法を紹介することにしました。

Root化した端末を所有していて、なおかつ、ウェザーニュースタッチを使いたかった方に参考にしていただければ幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です