Google Play ミュージックへのアップロードはChromeアプリよりミュージックマネージャを

先日、日本でも正式にサービスが開始された Goole Play ミュージック ですが、その昨日の一つである『ロッカー』は、パソコンからGoogleに音楽を最大5万曲まで無料でアップロード・保管できるというもの。それを使いはじめるためには、Play ミュージックを開いて、クレジットカード情報を登録し、音楽聴き放題サービスの30日間の使用をする必要があります。クレジットカード情報を入力せずとも、キャリア決済にも対応しているので、スマートフォンからアプリを開いて、購入しても構いません。gpm_01gpm_02

登録後、すぐに解約しても良いのですが、今登録すれば、通常、月額980円のところ、780円で聴き放題のなるので、そのままお試しで使ってみることをおすすめします。お気に召さなければ、無料期間内の解約を忘れずに。

 

さて、このGoogle Play ミュージックですが、Google ChromeからWebサイトにアクセスして音楽をアップロードしようとすると、Chromeアプリのインストールを求められ、そのアプリからアップロードが行われます。しかし、このアプリ、なぜかCPU負荷が高く、なかなかアップロードが終わらない……という自体に見舞われてしまいます。Google Chrome以外のブラウザからアクセスすれば、ミュージックマネージャという、別の専用ソフトをダウンロード・インストールできるので、そちらから音楽のアップロードをするほうが、効率がいいでしょう。

Chromeでも下のURLからアクセスすれば、ミュージックマネージャをダウンロードできます。
アップロード – Google Play ミュージック
https://play.google.com/music/listen?u=0#/manager

私の場合は、約9000曲をアップロードにまる一日かかりました。FLAC形式で音楽を保存していたから、変換に時間がかかったのかもしれません。MP3で保存しているなら、もっと早く終わるでしょう。
しかし、Windows、Mac、Linuxのそれぞれに対応しているのはすごくありがたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です