Androidの画面をパソコンにミラーリングするMirrorOP

Androidの操作画面をパソコンにミラーリングするのに、なにかよいアプリはないものかと探してみたら、Root権限必須なのだけど、簡単に設定できる定番アプリ「MirrorOp Sender」を知りました。使い方は下のとおり。

まずパソコンに、レシーバーソフトをインストールします。
Windowsなら
Product_Windows_Receiver
から、ダウンロードしてインストール。

Macなら
Product_Mac_Sender からダウンロードとインストールを行います。

僕の場合は Ubuntu 15.04 にて、Wineを使って実行しましたが、問題なく動きます。

 

そしてソフトを立ち上げておきます。

MirrorOP_00

 

次に、Androidにアプリをインストール。

MirrorOp Sender
Developer: AWIND
Price: Free+

起動すると、『レシーバーを検索中』と表示され、少しすると、パソコンで起動したレシーバーが表示るので、選択。

MirrorOP_01

選択すると、スーパーユーザーリクエストの許可を求めるポップアップが表示されます。「許可」を押します。

そして、ライセンスキーの登録を促されるのですが、『後ほど』を選択すると、ライセンスを購入することなくお試しできます。すでにライセンスを持っていたり、また、すぐに購入する場合には『登録』を押してください。
MirrorOP_02

登録を押すと、以下の画面が表示されるので、ライセンスキーを保有している人は、入力して『登録』。ライセンスを購入する場合は『購入』。
MirrorOP_03

購入ボタンを押すと、Google Play 経由でライセンスを購入することができます。料金は $9.99 なので、今現在のレートだと、1206円。
9.99ドル – Google 検索MirrorOP_04

購入すると、自動的にライセンスキーが入力されるので、『登録』ボタンを押して完了させます。ライセンスキーは、これとは別に、Google アカウントのメールアドレスに送られてくるので、大切に保管しましょう。MirrorOP_05

 

あとは、端末の戻るボタンを押して下の画面になったら、準備完了!
『プレー』ボタンを押すと、ミラーリングが始まります。
MirrorOP_06

MirrorOP_07

端末のスペックに応じて、設定から品質や画面解像度を調整すると、快適なミラーリングが行えます。ちなみに、Android 5.1.1 の Nexus 7 (2012) では、リモートコントロールを利用できませんでした。なんでだろ?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です