青白い光で虫をバチバチッと退治する「電撃殺虫器」

蚊が鬱陶しくなってきてからひと月はたったであろう、今日このごろ。近所のホームセンターで「電撃殺虫器」なるものが1,980円で販売されていた。光で虫を誘い込んで電気てバチバチッとやるアレだ。今、手元には、それが2つある。

電源コードをコンセントに差しこむだけで点灯・稼働するというシンプルな構造で、説明書なんて読まなくても簡単に使えるのが魅力的だ。少し眩しいくらいに青白く光るその姿は、これからの活躍を期待させてくれる。

電撃殺虫器

 

ところが。
まる一日使用してみて気がついたんだけど、どうも効果が感じられない。蚊は、相変わらず耳元にやってきては「ぷ〜ん」と羽音を立てて、僕を挑発してくる。

使い方が悪かったのかと、軽く眺めていただけの説明書を読んでみると、驚くことが書かれていた。

  • 本器は虫が好む波長の光を点灯し、周囲にいる虫を集め電撃格子に虫を接触させ、ショック死させる方式のものです。
  • 光を好まない虫、(蚊など)には効果がありません。予めご了承ください。

(蚊など)には効果がありません
はあああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!???? 蚊には聞かないのかよおおおおおぉぉぉぉ

 

たしかに、パッケージには、「光に集まる害虫・蛾・コバエなどを一撃!!」とは書かれているが、かを殺せるという内容は一切書かれていない。

よくよく考えてみれば、蚊は、人間の吐き出す二酸化炭素に反応して近づいてくるのであって、光によってくるわけではない。だから、かを光で寄せ付けて退治するという発想が、そもそも間違っていたのだ。

 

ってことで、この電源器殺虫器は、台所の近くにおいて、コバエを退治するために利用しようと思う。天井からぶら下げるはえとりリボンの効果が、家では今ひとつだったんで、この電撃殺虫器には、ぜひとも期待したい。

 


 

追記:何日か使用してみると、コバエや小さな我のような虫を退治するのを確認できた。結構いい感じ。

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です