NHKの「IS(イスラミックステート)」言い換えに大賛成

ちょっと前のエントリーで「イスラム国とイスラム教を混同するかも知れないから、呼称をISISにしよう」みたいな内容を書いたんだけど、昨日、NHKが過激派組織の呼称をISに統一し、日本語訳の「イスラム国」ではなく「イスラミックステート」を使用することにしたみたい。

NHK NEWS WEB 過激派組織ISについて
NHKは過激派組織について、これまで組織が名乗っている「イスラミックステート」を日本語に訳して「イスラム国」とお伝えしてきましたが、この組織が国家であると受け止められないようにするとともに、イスラム教についての誤解が生まれないように13日夜から原則として「過激派組織IS=イスラミックステート」とお伝えすることにしました。

この間は、イスラム国とイスラム教徒を混同したことが理由と見られる、イスラム教徒礼拝堂モスクへの嫌がらせや脅迫がニュースとなった。イスラム国という呼び方をISに変更することは、単なる言葉遊びや言葉狩りのように感じる人もいると思うが、モスクへの嫌がらせのような被害を減らすことができるなら、この変更は、悪くないことだと思っている。

確かに、「イスラミックステート」は「イスラム国」と同義であるから、言い換え自体に意味はないが、イスラム教徒への被害を減らすことができるのだとしたら、意味のあることになる。NHKは呼称変更の理由を「国家として受け止められないようにするため」としていて、自民党がISILと呼ぶ理由と同じだ。これは、僕がISISと呼んでいる理由とは全然違うものだけど、この動き自体には大賛成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です