イスラム教とイスラム国が混同される

先日、イスラム教過激派組織のISIS(イスラム国)に、ジャーナリストの後藤健二さんが殺害された。それ以降、名古屋市にあるイスラム教徒の礼拝堂であるモスクに、嫌がらせの電話やメールが成されているという。
【イスラム国事件】モスクに嫌がらせ電話 名古屋で相次ぐ – 産経ニュース

これはおそらく、イスラム教徒とISISを混同した一部の人間が、嫌がらせや脅迫を行っているのだろうと考えられる。テレビや新聞の報道を見ると、たいてい何処でも「イスラム国」の名称で、その過激派組織を呼んでいる。

僕は以前から「イスラム国」という呼び方では、イスラム教そのものと同類だという誤解を与える恐れがあると考えていたので、この組織を口にするときにはISIS(アイシス)と呼ぶようにしている。僕と同じ理由・呼び方ではないが、自民党も先月、組織の呼称をISILに統一することにしている。
自民、「イスラム国」使わず ISILと呼称  :日本経済新聞

ISISだとかISILだとかは、すべてが「イスラム国(IS)」を指しているのだが、どれがどれでどう言う意味なのかは、このCNNの記事に詳しく書かれているので見てほしい。
CNN.co.jp : 「イスラム国」「ISIS」「ISIL」 その違いは? – (1/2)

ざっくりまとめると

  • IS (Islamic State)(イスラム国)
  • ISIL (Islamic State in Iraq and the Levant)(イラクとレバントのイスラム国)
  • ISIS (Islamic State in Iraq and the al-Sham)(イラクとシャムのイスラム国)
  • DAIISH (al-Dawla al-Islamiya fi Iraq wa al-Sham)

4つ目DAIISHはいいとして、日本の報道機関が使用しているのはたぶん、一番上のISの日本語訳であるイスラム国なんだろうと思う。そして自民党が使用しているのはISILで、僕が使っているのは語呂が良くて言いやすいISIS。

今回の名古屋モスクへの嫌がらせや脅迫がマスコミの「イスラム国」という表現が原因だとすれば、上に挙げた呼称の中のどれかに変更したほうが良いと思う。イスラム国の略称であるISに変更するだけでも、このような誤解を減らせるだろう。

国会で、議員がISILという呼称を使用しても、マスコミはわかりやすい報道を心がけているからなのか、それらをすべて「イスラム国」に置き換えてしまっている。「子供」を「子ども」に置き換えたり、「障害者」を「障がい者」に置き換えたり、といった配慮を、このISISの呼称にもしてもらいたいと思う。「子供」や「障害者」大きな被害はないが、イスラム教徒には被害が出ているので、早急に改善してほしいと思う。

イスラム教とイスラム国が混同される」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: NHKの「イスラム国」言い換えに大賛成 | Tip Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です