認知症の祖母とGPS見守りサービス

先週、認知症を患っている祖母が早朝に、自宅を飛び出して徘徊し、家から数km離れたところで転んでいるところを保護され、救急車で送ってもらったという出来事があった。祖母は、住所を答えることができなかったようなのだが、幸運にも自分の名前を答えることができたらしく、無事、家へ帰ってくることができたのだった。消防の方々にはとても感謝している。

それで、行方不明になっている最中には、『大阪で91歳の認知症の男性が電車にはねられ、その後、JRに賠償請求される』というニュースを思い出し、嫌らしい話だが、祖母の心配と同時にお金の心配をしてしまっていた。
NHK NEWS WEB 鉄道会社から賠償請求 そのとき家族は

そういったリスクを考慮すると、GPSで位置情報を確認できるサービスを利用するのが無難なんだろうと思うのだが、やはり、GPSロガーと違って、見守りサービスは通信するために毎月、一定額を支払う必要があるのが少し気になってしまう。

例えば、セコムの見守りサービス『ココセコム』では、1月目の費用が7400円で、それ以降は毎月900円が必要らしい。900円といったら、だいたいMVNO SIMの月額費用と同じくらいなので、費用としてはかなり良心的なのかもしれない。
シニアや高齢者の方を見守るセコムの【ココセコム】|GPSによる外出時の防犯・安全管理、車・バイクの盗難対策に

ほかにも、ソフトバンクのみまもりGPSなるものもあり、こちらは月々924円で、2年契約だと467円になるみたい。安い。
みまもりGPS 201Z | みまもりGPS | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

高齢者の7人に1理が認知症になっている日本では、たとえ身近に認知症になってしまった人がいなくても、あらかじめ、こういうサービスがあるということを知っておいても損はないだろう。政府広報オンラインでは、認知症についてわかりやすく解説されているので、暇があったら読んでみてほしい。
もし、家族や自分が認知症になったら 知っておきたい認知症のキホン:政府広報オンライン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です