『死亡』と『心肺停止』の違い

連日のように耳にする御嶽山の噴火に関するニュースだが、その中で「死亡した人は18人、心肺停止の人は25人となりました」と、いったように、死亡と心肺停止を使い分けて報道していることが、少し気になった。
御嶽山 死亡18人 心肺停止25人に NHKニュース

Wikipediaに『報道用語としての心肺停止』という項目があり、そこを読むと、死亡と心肺停止とを使い分けている理由が書かれている。つまるところ、死亡判断は医者にしかできないものだから、それまでは『心肺停止』として伝えることしかできない、というものらしい。

以下はWikipediaからの引用。

日本のメディアでは自然災害や事故に遭遇して死亡し、医師による死亡確認・宣告がまだ行われていない状態の人について「心肺停止」「心肺停止状態」と表現される。日本の医学界では、実際には死亡していても、心停止と呼吸停止のほかに脈拍停止と瞳孔散大を確認して医師が死亡を宣告しなければ法的に確定しないとされており、医師以外の者(救助要員や警察官・報道関係者など)は心停止・呼吸停止を判断することはできても、死亡を宣告することはできないことが理由である。

事故・災害現場においてまだ救出できておらず医師も近づけない状態にある遺体や、病院に運ばれている途中の遺体は、医師による死亡が未宣告であり「心肺停止」とされる。

日本国外のメディアでは日本のメディアが「心肺停止」と報じていても「死亡」「遺体」に該当する語が用いられることもある。
心肺停止 – Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です