ネオジム磁石とNexus 7

 

沖縄県で最強クラスの台風8合が上陸していて大変な状況だというのに、ここ埼玉では久しぶりに30度をこす天気に恵まれちゃって、ほんと暑すぎてしょうがない。

スマートフォンやタブレット端末なんかの電子機器は暑さに弱いので、今日のような気温の日にはなるべくカバーやケースを外して使用するのが好ましい……んだけど、ものによっては、ケース(カバー)の蓋を閉じると画面が消え、開くと画面が点灯するという便利機能が使えなくなってしまう。Nexus 7もその一つで、そのマグネットスリープ機能が使えないとちょっとしたストレスを感じちゃう。

それなんで僕は、ちょっとした工夫でそれを乗り切っているんだけど、その方法が「スタイラス(タッチペン)の橋にネオジム磁石をくっつける」というもの。


僕の持ってる100円のスタイラスは、クリップ部分(胸ポケットの縁なんかを挟めるところ)に磁石がくっつくので、そこに同じく100円で手に入るネオジム磁石をくっつけることで、タブレットのマグネットスリープ機能を使えるようにしている。

Nexus 7 (2012)

上の画像の赤い丸で囲ってあるところにその磁石を近づけて離すと、Nexus 7の画面ま点灯する……ただそれだけ。

スリープするときは、Xposed モジュール のDouble Tap ToSleep というアプリを使い、ステータスバーをダブルタップすることでスリープさせている。

大して便利なやり方じゃないけど、僕のように電源ボタンを押すのが嫌だって人には向いてるやり方かもしれない。

 

ネオジム磁石とNexus 7」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です